Lenon


Lenonをフォローしよう!


下半身不随の犬とのボランティア先での出会い→帰国後、犬は悲惨なことになっていた…!


子犬のティガ

ある男性がヨーロッパからバリ島に、アニマルレスキュ―としてボランティアに参加しました。

そこには「ティガ」という生後12週になる子犬がいました。

ティガは交通事故で、両後ろ脚が麻痺している障害のある状態でした。

人間を警戒しているのか、男性は噛まれそうになりながらもティガとスキンシップをとり、

少しずつティガと仲良しになりました。

「ティガはまた歩くことが出来るのではないか」とシェルターのスタッフから聞いた男性は、

リハビリも兼ねて自分の滞在先にティガを引き取ります。

多くの時間を共にすごして、できるだけケアするように努めました。

しかし男性の帰国が迫って来た頃、

「ティガはもう二度と歩くことができない」という結果を聞かされ、

今後の経済的支援を約束してバリ島を離れることに…。

しかし4ヶ月後、再びバリ島を訪れるとティガはひどい状態になっていました。

懸命にティガを助けようとする男性ですが、あらゆる厳しい現実が彼とティガに降りかかります。

男性とティガの運命は、次のページでお伝えいたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

パソコンに頭を乗せて眠るワンちゃん→飼い主を想う健気すぎる行動の理由とは・・・?

1匹のワンちゃんが、ノートパソコンのキーボードにアゴを深くのせて静かに眠っています。 一見ノートパソ …

言葉はなくとも伝わる愛情!それを証明する動物との画像10選で優しい気持ちになる・・・

愛情とは、なにか 愛情は、我々人間にとって大きなテーマの一つです。 口に出さずとも愛が伝わり、わかり …

野良猫と会う度に戯れていたら「ついて来て」と言われた?その先にあったものは・・・

猫の招待 猫、可愛いですよね。 SNSに投稿されている猫の姿は多種多様で、共通して言えるのは「可愛い …

家族と離れ離れになってしまった子犬と子猫→同じ境遇の2匹が出会った結果・・・

アメリカのバージニア州にある動物保護施設「SVASC」に、母親と離れ離れになった一匹の子猫がやってき …

飼い主がいない間、ベッドではしゃいでいたワンちゃん!その様子が飼い主にバレた結果・・・

ワンちゃんを飼われている方ならこの姿、一度は見たことあるのではないでしょうか? 今、とあるワンちゃん …

PREV : うつむきがちな人のために!職場に導入すると疲れやストレスが吹っ飛ぶベンチがこちら!
在日米海軍司令部のTwitterが「自由の国」という名に恥じないフリーダムっぷりで笑う! : NEXT