Lenon


Lenonをフォローしよう!


下半身不随の犬とのボランティア先での出会い→帰国後、犬は悲惨なことになっていた…!


子犬のティガ

ある男性がヨーロッパからバリ島に、アニマルレスキュ―としてボランティアに参加しました。

そこには「ティガ」という生後12週になる子犬がいました。

ティガは交通事故で、両後ろ脚が麻痺している障害のある状態でした。

人間を警戒しているのか、男性は噛まれそうになりながらもティガとスキンシップをとり、

少しずつティガと仲良しになりました。

「ティガはまた歩くことが出来るのではないか」とシェルターのスタッフから聞いた男性は、

リハビリも兼ねて自分の滞在先にティガを引き取ります。

多くの時間を共にすごして、できるだけケアするように努めました。

しかし男性の帰国が迫って来た頃、

「ティガはもう二度と歩くことができない」という結果を聞かされ、

今後の経済的支援を約束してバリ島を離れることに…。

しかし4ヶ月後、再びバリ島を訪れるとティガはひどい状態になっていました。

懸命にティガを助けようとする男性ですが、あらゆる厳しい現実が彼とティガに降りかかります。

男性とティガの運命は、次のページでお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

かまって欲しくて必死なワンちゃんが強硬手段に出た結果、予想外の展開に…(笑)

感情豊かなワンちゃんたち。 賢かったりお馬鹿だったり、人間と同じで彼らにはいろいろな個性があります。 …

思い出してください!戦争が起こると人間のみならず、動物にも犠牲が出るのです・・・

今回は、戦争によって深く傷ついた犬の悲しいお話をご紹介いたします。 マーリーと名付けられた犬は、紛争 …

極限までに水が濁った水槽にタニシを入れた結果、想像以上にすごいことになった!

沼や湖に生息している小さな巻貝、『タニシ』の能力をご存知でしょうか? 今の子供たちは、沼などで遊ぶこ …

傷ついた犬とペットロスに苦しむ家族との運命の出会い!家族を救った犬が持つ特別な魅力とは?

傷ついたXO XO(エックス・オー)という名前の犬が酷い皮膚の状態を抱えたまま街をさまよっていた所、 …

心に傷を負った兵士を癒した野良猫が突然失踪!その後訪れた譲渡会で見覚えのある手が伸びてきて・・・

今回の主人公は、兵士のジョシュ・マリノさん。 彼は戦場で重傷を負った為、戦地から帰ってきた際に心的外 …

PREV : うつむきがちな人のために!職場に導入すると疲れやストレスが吹っ飛ぶベンチがこちら!
在日米海軍司令部のTwitterが「自由の国」という名に恥じないフリーダムっぷりで笑う! : NEXT