Lenon


Lenonをフォローしよう!


下半身不随の犬とのボランティア先での出会い→帰国後、犬は悲惨なことになっていた…!


子犬のティガ

ある男性がヨーロッパからバリ島に、アニマルレスキュ―としてボランティアに参加しました。

そこには「ティガ」という生後12週になる子犬がいました。

ティガは交通事故で、両後ろ脚が麻痺している障害のある状態でした。

人間を警戒しているのか、男性は噛まれそうになりながらもティガとスキンシップをとり、

少しずつティガと仲良しになりました。

「ティガはまた歩くことが出来るのではないか」とシェルターのスタッフから聞いた男性は、

リハビリも兼ねて自分の滞在先にティガを引き取ります。

多くの時間を共にすごして、できるだけケアするように努めました。

しかし男性の帰国が迫って来た頃、

「ティガはもう二度と歩くことができない」という結果を聞かされ、

今後の経済的支援を約束してバリ島を離れることに…。

しかし4ヶ月後、再びバリ島を訪れるとティガはひどい状態になっていました。

懸命にティガを助けようとする男性ですが、あらゆる厳しい現実が彼とティガに降りかかります。

男性とティガの運命は、次のページでお伝えいたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

虐待されて死ぬ寸前だった2頭のライオン!彼らを回復させた力はお互いへの愛情だった・・・

カーンとシェイラ 動物の虐待は後を絶ちません。 犬や猫だけではなく、猛獣と言われるライオンたちも悲惨 …

嬉しくておしゃべりが止まらなくなった子犬に母犬も思わず呆れる・・・(笑)

犬種によって、よく吠える犬もいればそうでない犬もいます。 都会ではあまり大声でワンワン吠える犬は近所 …

子猫を拾ったがすでに3匹飼っていたので、一晩限定で保護→翌朝、お別れの前に愛犬に挨拶をさせると…!

アメリカのロサンゼルスでシャラ・プラットさんが車で仕事から帰る途中、歩道で一組の親子が小さな子猫を心 …

ある広告制作会社が作り上げたとてつもないクオリティの「ハムスターの街」をご覧ください…!

子どもの頃にお人形ごっこやおままごと、ドールハウスなどで遊んでいませんでしたか? 幼い頃は可愛いお人 …

猫と池の鯉がいつの間にか仲良くなっていた…!楽しそうに遊ぶ姿は友達そのもの!

異種間の友情は微笑ましいものですね。 犬と猫、猫とネズミ、猫とトカゲ、猫とニワトリなどなど、 あらゆ …

PREV : うつむきがちな人のために!職場に導入すると疲れやストレスが吹っ飛ぶベンチがこちら!
在日米海軍司令部のTwitterが「自由の国」という名に恥じないフリーダムっぷりで笑う! : NEXT