Lenon


Lenonをフォローしよう!


飼い主と死別して行き場を失った犬を救ったのは仲の良い配達員だった・・・


飼い主の死

ある日、レオが飼い主のティナさんと散歩をしているところを偶然ケイティさんが見つけました。

ケイティさんは近づいてレオの頭を撫でました。

これがティナさんと知り合うきっかけとなります。

休暇を終え、久しぶりにケイティさんはレオのところには配達に行きました。

すると、ティナさんの息子のキャノンさんが家具を運び出していたのです。

ケイティさんは、ティナさん一家が引っ越しをするのかと思いました。

しかし、気になって電話をしても留守でした。

何度かけても留守番電話なので、ティナさんのFacebookをチェックしてみました。

そこで初めて、ティナさんが亡くなったことを知ったのです。

仲良しな宅配ドライバーのもとへ

ティナさんの息子のキャノンさんは、海兵隊に入隊することになっていました。

レオはどうなるのだろうと、ケイティさんはレオのことが心配でした。

キャノンさんと話し合い、レオはキャノンさんが帰る日までケイティさんが預かることにしました。

ケイティさんはいつもの宅配トラックではなく、自家用車でレオを迎えに行きました。

いつもとは違う様子のケイティさんでしたが、レオはすぐに気がつきました。

そして自ら車に乗り込み、ドライブへと出かけました。

こうして、ケイティさんとの新しい生活が始まりました。

新しい生活

ケイティさんの家には2匹の先住犬がいましたが、すぐにレオと仲良くなれました。

3匹で団子になってリラックスするワンコたちの様子をみると、

すっかりレオはケイティさんの家庭に馴染んでいるようでした。

しかし、夜になるとレオはティナさんのことを思い出して泣くそうです。

元気いっぱいだったレオの落ちこんだ姿に、ケイティさんはたまらなくなるといいます。

レオにとって、飼い主との別れは悲しいものでした。

しかしケイティさんという新しい飼い主が現れ、レオは不幸中の幸いでした。

早く心の傷が癒えて、ケイティさんの元で幸せに暮らして欲しいですね。

【関連記事】

長年一緒だった愛猫とのお別れ→その後保護施設を訪ねると天国へと旅立った愛猫にそっくりな子猫が…!

保護施設を辞める女性との別れを惜しんで抱きつく猫→思いもよらなかった行動を受けて思わず…!

飼い猫との悲しい別れを経験した家族が訪れたシェルターで代わりの猫を見つけた時、感動の涙を流した…!

「これで元気出して…」悲しんでいる飼い主を慰めるために愛犬がとった健気な行動に心温まる・・・

ブリーダーのおばあちゃんと再会した柴犬の嬉しくてたまらなそうな様子に胸が熱くなる…!

出典:The Dodo/ Facebook



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ケージの中に放置されて死ぬ寸前にまで追いやられ、生きることに絶望していた犬が希望を見出すまで…!

2016年11月、アメリカのテキサス州オースティンで州の職員が 「汚いケージの中に死んだように横たわ …

結婚式にどうしても恩人ならぬ『恩犬』を参列させたかった…一匹の介助犬と花嫁の物語に、全世界が感動の涙!

一枚の画像がもつ真実の物語 美しい花嫁と、それに甘える可愛らしいフリルのついた服を着た一匹の犬。 こ …

最強の母性愛を持つ猫!庭にいた迷子の赤ちゃんリスを自分のベッドに運び込み愛情を注ぐ・・・

ある日、カミンズさんの家で起きた出来事です。 カミンズさんの家に暮らす猫のミミは、2.4m程の高さの …

最後にもう一度だけ雪を見せてあげたい…愛犬を安楽死させなくてはならない女性の願いが夏のテキサスに届いた!

スパンキーの異変 「血管肉腫」という癌をご存知でしょうか? 血管肉腫は悪性腫瘍で血管によく似た形成を …

動物園という地獄の中で生きるホッキョクグマの様子を写真家は呆れながら撮影した…!

動物園のホッキョクグマ ホッキョクグマは本来、北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸、北極圏を生息地とし …

PREV : 新しい母親からの手紙に号泣する少年の健気な姿にもらい泣き不可避・・・
17年間ずっと一緒だった恋人の娘がサプライズで渡したある証明書に男性は泣き崩れた…! : NEXT