Lenon


Lenonをフォローしよう!


暴力事件が発生→容疑者は保護施設の犬!しかしみんな笑顔になる逮捕理由とは?


多くの動物たちが収容される動物保護施設ですが訳ありの過去を背負い、

性格が荒んでしまった子もいるのではないでしょうか?

スタッフの方々も多くの保護動物相手では、充分に愛情を傾けることができないと思います。

そんな中、とんでもない事件が発生してしまいました。

暴力事件

アメリカのウィスコンシン州で活動する「フォックスバレー動物愛護協会」は1891年に設立され、

行き場の無い動物を保護しつつ里親募集をしている施設です。

そのような歴史ある施設で2017年7月8日、ある恐ろしい事件が発生してしまいました。

施設に保護されている「ハンク」が、

友人のファジー・パープル・ヒッポさんに突如として暴力を振るったのです!

心の叫びが届いたスタッフが、事件現場に駆け付けました。

すると、ハンクは悪びれた様子もなくこちらを見つめていたのです。

そして、彼の横には無残な姿の被害者がぐったりとしていました。

そしてハンクは現行犯逮捕。

ファジーは緊急手術が急がれます。

さて、ハンクの犯行動機は何なのか。

そして、友人のファジーは助かるのでしょうか…?

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ずっと一緒だった愛犬の突然の死→犬小屋の中で見つかった紙キレに涙した飼い主は、同じ過ちを他の人が起こさないように行動を起こす…!

めぐみさんには、『ソラ』という嬉しい時も悲しい時も常にそばにいた愛犬がいました。 めぐみさんが地元か …

瀕死の状態だったウサギとハト→同じ一人ぼっちという境遇だったからこそ絆が生まれ、奇跡を起こしました…!

生後間もなく孤児となってしまい、瀕死状態にだったウサギの赤ちゃんとハトの赤ちゃん。 しかし、二羽を保 …

車のエンジン内に子猫が!そこに現れた救世主はなんと茶トラ猫だった・・・

奇跡的に無傷だった子猫ちゃん! この日、車の持ち主はいつもの様にエンジンをかけ車を移動させます…。 …

総移動距離は483キロ!イギリス海軍のパイロットの車に隠れて移動した子猫→保護された結果・・・

まさに猫の大冒険! 子猫が483キロ移動したこの話がネットで話題になっています。 時は2016年6月 …

捕食されているのに生きている奇跡の魚が釣り上げられて話題に!

アメリカはニュージャージー州のラリタン湾で、 エディー・グラントさんは彼の父親、そして友人と一緒に釣 …

PREV : 思わず二度見してしまうこと間違いなしなひどすぎるガッカリ食べ物10選!
「他に席空いているやろ!」とキレていた隣の男性が突如態度を軟化させた理由とは? : NEXT