Lenon


Lenonをフォローしよう!


暴力事件が発生→容疑者は保護施設の犬!しかしみんな笑顔になる逮捕理由とは?


多くの動物たちが収容される動物保護施設ですが訳ありの過去を背負い、

性格が荒んでしまった子もいるのではないでしょうか?

スタッフの方々も多くの保護動物相手では、充分に愛情を傾けることができないと思います。

そんな中、とんでもない事件が発生してしまいました。

暴力事件

アメリカのウィスコンシン州で活動する「フォックスバレー動物愛護協会」は1891年に設立され、

行き場の無い動物を保護しつつ里親募集をしている施設です。

そのような歴史ある施設で2017年7月8日、ある恐ろしい事件が発生してしまいました。

施設に保護されている「ハンク」が、

友人のファジー・パープル・ヒッポさんに突如として暴力を振るったのです!

心の叫びが届いたスタッフが、事件現場に駆け付けました。

すると、ハンクは悪びれた様子もなくこちらを見つめていたのです。

そして、彼の横には無残な姿の被害者がぐったりとしていました。

そしてハンクは現行犯逮捕。

ファジーは緊急手術が急がれます。

さて、ハンクの犯行動機は何なのか。

そして、友人のファジーは助かるのでしょうか…?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

いつものクセで猫の尻尾をゴシゴシするアライグマ!猫に怒られて・・・

アライグマといえば、水中で食べ物を洗うような姿を思い浮かべます。 「アライグマ」の名前の由来ですが、 …

「子犬工場」から助け出されたチワワの抱きしめられている時の表情の変化に涙がこみ上げる・・・

パピーミル 皆さんは「パピーミル」という言葉を知ってますか? 日本語では「子犬工場」と訳し、母犬に子 …

容姿が祟って厄介者扱いされていた子猫!しかし保護団体の力が実を結び・・・

野良猫の寿命は、約2~3年と言われています。 事故による怪我や栄養を充分に取れないという理由もありま …

大きなハスキーとご挨拶しようとする柴犬の子供!ドキドキな初対面の結果は…?

大きなハスキー犬と柴犬の子供がドキドキの初対面!柴犬の子供は、自分よりはるかに大きいハスキー犬にちゃんとご挨拶できるでしょうか?

猫が大親友のはずのワンちゃんに猫パ〜ンチ!その理由に思わずキュン・・・

猫と犬にかかわらず、別の動物を一緒に飼うのは中々難しく、 動物同士が仲良くしてくれないとケンカしてし …

PREV : 思わず二度見してしまうこと間違いなしなひどすぎるガッカリ食べ物10選!
「他に席空いているやろ!」とキレていた隣の男性が突如態度を軟化させた理由とは? : NEXT