Lenon


Lenonをフォローしよう!


丸太の下で動けない状態だった子猫が、奇跡的に近くで暮らしている犬に救われた!


オピーとラスコー

犬の嗅覚は有能で、警察犬や災害救助犬となり活躍している犬もいるほどです。

しかし、活躍しているのは訓練された作業犬ばかりではありません。

普通に飼われている愛犬も、時にはその嗅覚で命を救うことがあるのです。

こちらのワンちゃんと猫は、ある絆で結ばれています。

ワンちゃんの名前は「オピー」、猫の名前は「ラスコー」です。

ラスコーは赤ちゃんの頃、瀕死の状態で発見されました。

発見したのは散歩中のオピーです。

さて、今は大の仲良しであるこの2匹にどのような出会いがあったのでしょうか…?

詳細は次のページでお伝えいたします。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

施設に保護されてからずっと支え合ってきた親友と1か月ぶりの再会を果たしたオマキザル→その時の表情に2匹の強い絆を感じずにはいられない!

皆さんはサルを見たことはありますか? 人間の祖先というだけあってとても賢い動物で、 おそらく多くの人 …

悲痛!愛するネコちゃんが天国へ…原因は飼い主が持ち込んだアレだった・・・

ペットを愛する人なら誰でも、大好きな子に少しでも長生きして欲しいと願いますよね。 そんなネコちゃんを …

虐待による悲劇!人間が怖くて壁しか見られなくなった犬→この子を救えるのは、もう人間じゃ駄目だった・・・

その犬は2015年7月に保護されました。 エンジェルという名前の男の子です。 保護施設のスタッフがど …

自分を育ててくれた家族のために自分の命を捧げる覚悟を決めた牛!『命をいただく』ことについて考えさせられる・・・

坂本さんの両親の仕事は食肉解体でしたが、「危ないし、汚い」と家業を嫌っていました。 しかし26歳の時 …

男性がアライグマが歩道で死んでいる様子をツイートした結果、思わぬ事態が発生した…!

アライグマの死 「〇〇の歩道で死んだアライグマを目撃しました」 カナダのトロントに住む男性がこんなツ …

PREV : ツイートしている様子を目撃されたことをツイッター上で知る奇跡の事件!ツイッターって恐ろしい・・・
100年もの間、色々な場面で力を発揮してきたあの軟膏の素晴らしさを見直してみませんか? : NEXT