Lenon


Lenonをフォローしよう!


事故によって顎が大きく曲がってしまった猫が大きな手術を乗り越えて見せた笑顔に胸が熱くなる…!


猫の『ダッチェス』は交通事故に遭い、路上に倒れているところを保護されました。

動物病院に到着した時には写真のように顎が大きく曲がり、命さえ危ない状態だったといいます。

当時動物病医院のスタッフは、ダッチェスが生き延びる確率は低いだろうと思っていました。

しかし、この病院に勤めるメイヤー獣医師はダッチェスを救うことを諦めませんでした。

「この子の命を救ってみせる」

彼はそう決心し、ダッチェスの緊急手術を施したのです。

大変な手術でしたが、ダッチェスは必死に戦いました。

熱心な医師とダッチェスの頑張りによって、手術は見事に成功しました。

その後、ダッチェスはどうなったでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

中国で生まれ育っているパンダの七仔(チーザイ)は、世界でたった1頭の茶色いパンダ!

茶色いパンダ 問題です。パンダの毛色は何色でしょう? 答えは白と黒のツートンカラー。 当たり前のこと …

前足が不自由というハンデを抱えながら野良として2年間生き延びた猫が心優しい女性と出会って安全な場所に導かれる…!

世の中には事故や障害で手足を失った人や、生まれつき手足が全く機能していな人も沢山います。 先天性の障 …

奇跡の生還!山火事に巻き込まれ、全身に大火傷を負ってしまった猫は人々の希望となった・・・

山火事の炎に襲われた命… 昨年2015年9月に発生したカルフォルニア州での山火事。 日本でも大きく報 …

子守しているかのように赤ちゃんに寄り添う猫→愛に溢れるツーショット6選で思わずニヤニヤ・・・

現在、ペットを飼う人は徐々に増えています。 一般的にペットを買うとしたら、犬と猫が特に人気があります …

保護された子猫たちを心配して自ら捕獲器に入った野良猫の愛!保護施設で再会した結果・・・

オーストラリアのニューサウスウェールズ州の保護団体 「キャット・レスキュー901」のサラ・チェルスケ …

PREV : 家の近くの墓石屋が変な方向に本気を出し始めた!衝撃のお墓をご覧ください・・・
これぞ奇跡の一枚!38歳のバンプが本気で撮ったプリクラにファン悶絶(笑) : NEXT