Lenon


Lenonをフォローしよう!


ボロボロの状態で発見された15歳の老猫が保護された施設で運命の人と出会うと・・・


ある日、全身ボサボサの15歳の老猫が発見され、『ボールヒーズ・アニマル孤児院』へ保護されました。

スタッフたちは老猫に「バーナビー」と名をつけました。

バーナビーはとても人懐っこい猫で、一瞬で施設の人気者になりました。

スタッフはバーナビーに素敵な里親さんを探してあげることを誓い、募集を始めることにしました。

すると、Facebookでバーナビーを見たというご夫婦が現れました。

その夫婦は、シーアン獣医センターのエド・シーアン獣医とその奥様のクレアさん。

クレアさんはバーナビーの姿をFacebookで見た時、彼には獣医によるケアが必要だと感じたそうです。

ご夫婦はすぐに施設へ連絡し、バーナビーを病院に迎えたいと申し入れました。

施設はその申し入れを快諾し、バーナビーは新しい家族が待つ家へと車に乗って行きました。

バーナビーは新しい環境でどう暮らすことになるのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

その醜すぎると言われた見た目ゆえ、見向きもされなかった子猫→ケージの中で家族との出会いを待ち続けた結果…!

私たちは、何でも「美」に価値を持ちすぎているように感じませんか? もちろん、美しいものを見たり所有し …

迷い子猫を保護し、生活を共にしていると…ヴァンパイアのような牙がニョキニョキ!

黒猫のモンク 二コールさんが帰宅しようと車を運転していると、1匹の黒猫が走り込んできました。 その猫 …

湖で泳いでいた飼い主が動かず、危険な匂いを感じ取った犬が湖へ決死のジャンプ…!

飼い主と犬は、強い信頼関係で結びついています。 飼い主を救うために、自分の身を犠牲にした犬のお話はよ …

手負いのオオカミが川に!救助隊が引き上げた時に狼の心臓が停止…→その後の処置で体内からとんでもない物を発見・・・

ある日のこと。 動物保護のためにパトロールをしていた人々の前に、悲惨な状態のオオカミが現れました。 …

女性が出会ったのは瀕死寸前の猫!救いたいという彼女の思いが奇跡を起こす・・・

2016年6月に韓国で、 レイチェル・ブラウンさんは重度の上部呼吸器感染(URI)と脱水症状を患って …

PREV : 成功率があがる蚊の仕留め方と蚊に刺されやすい人が持つ7つの特徴がこちら!
血液型によっては摂取してはいけない食べ物がある!?驚愕の代謝への影響力をご覧ください・・・ : NEXT