Lenon


Lenonをフォローしよう!


ボロボロの状態で発見された15歳の老猫が保護された施設で運命の人と出会うと・・・


ある日、全身ボサボサの15歳の老猫が発見され、『ボールヒーズ・アニマル孤児院』へ保護されました。

スタッフたちは老猫に「バーナビー」と名をつけました。

バーナビーはとても人懐っこい猫で、一瞬で施設の人気者になりました。

スタッフはバーナビーに素敵な里親さんを探してあげることを誓い、募集を始めることにしました。

すると、Facebookでバーナビーを見たというご夫婦が現れました。

その夫婦は、シーアン獣医センターのエド・シーアン獣医とその奥様のクレアさん。

クレアさんはバーナビーの姿をFacebookで見た時、彼には獣医によるケアが必要だと感じたそうです。

ご夫婦はすぐに施設へ連絡し、バーナビーを病院に迎えたいと申し入れました。

施設はその申し入れを快諾し、バーナビーは新しい家族が待つ家へと車に乗って行きました。

バーナビーは新しい環境でどう暮らすことになるのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

交通事故の時のパニックから飼い主と離れ離れになった犬→再会を果たして嬉しそうな姿に涙が溢れる…!

形は違えど各国にある動物保護団体。 時間帯や場所を問わずに、真摯に動物と向き合う姿はどの国であっても …

他の猫の尻尾で遊んでいたことが判明した時の猫はこうなるようです・・・(笑)

猫じゃらしという草があります。 正式名称は『エノコログサ』で、 夏から秋にかけてつける穂の形が犬の尻 …

「ご主人を祝福するニャ!」ひとりぼっちだった自分を救ってくれた飼い主の結婚に喜びを爆発させる猫!

捨て猫から飼い猫へ 1人暮らしの時に、初めて猫を飼う人は意外と多いのではないでしょうか? そして1匹 …

「殺人犬」と生後間もない赤ちゃんを一緒に寝かせた結果に考えさせられる・・・

物事を一つのイメージで捉えがちになってはいないでしょうか? できるだけイメージで物ごとを判断しないよ …

この猫が猫用グッズと共に捨てられていた理由はあまりにも身勝手な人間のエゴによるものだった…!

ニューヨークのブルックリンの路上でで起きた事件。 今まで使っていたであろうクッションや猫用トイレなど …

PREV : 成功率があがる蚊の仕留め方と蚊に刺されやすい人が持つ7つの特徴がこちら!
血液型によっては摂取してはいけない食べ物がある!?驚愕の代謝への影響力をご覧ください・・・ : NEXT