Lenon


Lenonをフォローしよう!


ボロボロの状態で発見された15歳の老猫が保護された施設で運命の人と出会うと・・・


ある日、全身ボサボサの15歳の老猫が発見され、『ボールヒーズ・アニマル孤児院』へ保護されました。

スタッフたちは老猫に「バーナビー」と名をつけました。

バーナビーはとても人懐っこい猫で、一瞬で施設の人気者になりました。

スタッフはバーナビーに素敵な里親さんを探してあげることを誓い、募集を始めることにしました。

すると、Facebookでバーナビーを見たというご夫婦が現れました。

その夫婦は、シーアン獣医センターのエド・シーアン獣医とその奥様のクレアさん。

クレアさんはバーナビーの姿をFacebookで見た時、彼には獣医によるケアが必要だと感じたそうです。

ご夫婦はすぐに施設へ連絡し、バーナビーを病院に迎えたいと申し入れました。

施設はその申し入れを快諾し、バーナビーは新しい家族が待つ家へと車に乗って行きました。

バーナビーは新しい環境でどう暮らすことになるのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

いつしかペットショップの常連さんとなった猫がかわいくてあっという間に店の人気者に!

この猫さん、飼い主さんの付き添いもなく勝手にお店に入って行きますよ。 キレイな毛並みで赤い首輪をして …

野生のカンガルーにヘッドロックをかけられていた愛犬!その時、飼い主がとった勇敢な行動とは…?

みなさんも一度は見たことがあるであろう「カンガルー」。 動物園の檻の中でのんびり過ごしている姿がほと …

虐待されて裏切られ、11回も里親から返された犬はそれでも本当の家族を待ち続ける…!

虐待されたり裏切られたりで、合計11回も里親からシェルターに返された犬!つらい仕打ちを受けても本当の家族を待ち続ける・・・

猫専用の通路に大きな障害物(犬)何としても通りたかった猫の優しい対応がこちら!

猫を飼っているお家の扉や壁によくある、猫用の小さな通路。 猫を飼っているあるお宅にも、そうした通路が …

足の骨が折れている母犬が獣医を導いて3キロ歩き続けた先にあったものとは…?

心理学者のリアンネ・パウエルさんは、グレーハウンドが道でさまよっているところを発見しました。 保護す …

PREV : 成功率があがる蚊の仕留め方と蚊に刺されやすい人が持つ7つの特徴がこちら!
血液型によっては摂取してはいけない食べ物がある!?驚愕の代謝への影響力をご覧ください・・・ : NEXT