Lenon


Lenonをフォローしよう!


2匹の犬を飼っていた飼い主の「自分の犬は1匹だけ」という主張に批判殺到!SNSで公開されたシニア犬の悲しげな表情に胸が締め付けられる・・・


2匹の保護犬

アメリカで2匹の犬が保護され飼い主は見つかったものの、1匹は見放されてしまいました。

カリフォルニア州サンバーナディーノの保健所に、

コッカースパニエルとラブラドールレトリバーのワンちゃんが保護されました。

欧米では飼い犬にマイクロチップの装着が義務化されるほど普及が進んでおり、

2匹は同じ飼い主に飼われていたことが判明します。

しかし、知らせを聞いて保健所と訪れた飼い主の家族は、自分の犬は1匹だけだと主張したのです。

その家族は、1歳の若いラブラドールだけを連れて保健所を去っていったのです。

残されたコッカースパニエルは所有権を放棄され、悲痛な顔で家族が去って行くのを見ていました。

この子の名前はクッキー。

見放された理由はシニア犬だったからのようですが、他にもあったようです。

悲しみのどん底に落とされたクッキーは、ある病気も抱えていたのです。

詳細は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

容姿が祟って厄介者扱いされていた子猫!しかし保護団体の力が実を結び・・・

野良猫の寿命は、約2~3年と言われています。 事故による怪我や栄養を充分に取れないという理由もありま …

7ヶ月間も迷子だった犬が飼い主と奇跡的に再会!絆を繋ぎ止めたのはアレだった・・・

7ヶ月もの間、迷子だった犬が飼い主さんと奇跡的に再会!犬と飼い主の絆を繋ぎ止めていたのは、アレだったのです・・・

余命数日の愛犬と1,900キロの大冒険!最高の思い出が起こした奇跡とは!?

アメリカのニューヨークに住むロドリゲスさんの愛犬「ポー」。 ロドリゲスさんは、動物保護施設でポーに出 …

チーターがまるで猫!?ゴロゴロと喉を鳴らして懐くあられもない姿

お姉さんが危ない!と思いきや……? 「危ない!お姉さん逃げて!」 一瞬そう叫びたるのも当然。 なんと …

遺伝子の突然変異によって生まれたこの真っ白な動物が何だか分かりますか!?

まずはこちらの写真をご覧ください。 純白の体毛にピンクの皮膚を持つこの動物、なんだかわかりますか? …

PREV : 影が生み出した予想外の光景に二度見不可避!仰天画像7選をご覧ください・・・
先生もビックリ!小学生の時に描いた「あさがお観察カード」の衝撃的な結末がこちら・・・ : NEXT