Lenon


Lenonをフォローしよう!


猫とインコ、種族は違えども深い友情を築き上げたふたりが世界中で話題に!


猫とインコ

ロシアで暮らしているイリーナさんと共に暮らす10歳の猫「ボ二ファジー君」には、

ちょっと毛色の変わった親友がいます。

その親友とはインコの「ヤシャ」です。

ヤシャは5年ほど前にイリーナさんのお家にやってきて、それ以来ボ二ファジーのそばを離れないのです。

ヤシャとボニファジーは出会ったその日から絆が生まれたようで、その絆は日に日に深まっていきました。

今はもう、このふたりが一緒にいる姿を見ない日はないほどになりました。

本来ならばインコのヤシャは猫のボニーファジーに追いかけ回されて、

餌食になってもおかしくはない間柄です。

そんなふたりに芽生えた友情とは、どんなものでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

空き缶に頭がすっぽり収まって抜けなくなってしまった子ギツネ→通りかかった男性が助けた結果・・・

空き缶が抜けず、もがく子ギツネ! 落ちていた空き缶に顔を突っ込んでしまった様子の子ギツネ。 そこへあ …

焼け焦げていた犬は最後の力を振り絞り、小さな命を口にくわえて燃えている家から脱出した…!

チリのテムコという街で住宅火災が発生し、消防隊が出動しました。 消防隊が現場に到着すると、家は激しく …

慎重に近づいた時、動かない動物の弱い息遣いに気づいた男性→そして男性がとった行動とは…!?

マサチューセッツ州のファルマスという小さな町がありました。 その街を散歩していた男性が見つけたのは、 …

母親をなくした6匹の子猫を温かく迎えてくれたのは、耳の長いお父さんでした・・・

リズさんの家には、6匹の子猫が暮らしています。 4匹は1週間前に母猫を亡くした子猫たち、2匹は3週間 …

保護施設に来たものの、ケージが小さすぎたポッチャリの野良猫を休憩室に入れた結果・・・

ポッチャリな野良猫 7月17日に動物の保護施設『チャタム・カウンティー・アニマル・シェルター』へ、 …

PREV : 爪を見るだけで糖尿病、肝臓、エイズなどの問題を発見できるかもしれない!
自分で車をキャンピング仕様に改造して愛犬と共にその車で世界を旅する女性! : NEXT