Lenon


Lenonをフォローしよう!


保護されたワンちゃんが愛情によって命を輝かせ、心を開いた様子に胸が熱くなる・・・


孤独なカラ

「幸福は自分でつかみ取るもの」

このような人生論がありますが、それは自由な立場だから言えること。

ペットなど、飼い主によって運命が左右される動物にその言葉は当てはまるでしょうか。

どこか不安そうな顔付きの「カラ」という名前のワンちゃん。

大人しく抱っこされていますが、自分の居場所が分からないようです。

カラは病気を持っており、一度は安楽死まで考えられていた子犬でした。

自分はいらない子だと察したのでしょう。

カラはどんどん元気を失っていきました。

しかし、そのような境遇のカラを助け出そうとする人が現れたのです。

「カラに必要なケアを受けさせて、必ず助けてあげる。」と、カラを保護したアニーさんは誓いました。

人間への信頼を失っているカラに、アニーさんの思いは届くのでしょうか…。

カラの運命は、次のページにてお確かめください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

結局最後まで名前を呼ばれなかった結果、あからさまに拗ねちゃったワンちゃんがかわいい…!

集団で飼われているワンちゃん達。 こちらのワンちゃん達はとっても賢いんです。 食事をするときは、名前 …

20年間サーカス団に不自由な状態で飼われていたピューマを鎖の束縛から解放します…!

ムファサ 20年間太い鎖につながれてトラックの荷台で生きてきた一匹のピューマ。 サーカス団に飼われて …

飢えと病気でみすぼらしい状態だった犬を助けた獣医→でもそれは犬ではなかった…!

ロサンゼルス在住の女性に発見された犬は見た目があまりにも普通の犬と違うので、 その女性は動物保護団体 …

ゴミの山から保護された1匹の犬の、1年後の姿に涙が止まらない・・・!

2013年に、ゴミ山から1匹のハスキー犬が保護されました。 保護された犬は「ミリー」という名前でした …

郵便受けに捨てられて生死の境をさまよっていた子猫が多くの人の愛によって奇跡的に復活!

飼えなくなってしまった子猫を捨てるのは道に放り出すだけでも残忍ですが、 これからご紹介する子猫はあの …

PREV : 溺れると思って懸命ロープにしがみつく男の子!しかし足がつくと分かった瞬間…(笑)
さかなクンが伝授する縁日の金魚を長生きする3つの裏ワザがこちら・・・! : NEXT