Lenon


Lenonをフォローしよう!


大洪水で家の中に取り残された猫!救助されるまで意外なものが猫の命を守っていた・・・


大洪水の中の猫

ミザリー州で、洪水によって流された家の中から猫の鳴き声が聞こえたそうです。

ボートで救助活動をしていた隊員たちが声のする方をみてみると、洪水の中で生き延びていた猫がいました。

しかし周りは川のようになっていて、猫は自力で家から出ることができない状態でした。

救助を待つ間、猫はどんなに心細かったでしょう。

逃げようとしても、大量の水が押し寄せてくる洪水は人間でも逃げ場を失ってしまうものです。

そんな時、私たち人間は何かにつかまったり、何かの上にのったりして救助を待ちます。

そうしてものを利用して救助を待つすべを考えることができる人間は、

他の動物よりも助かる可能性は多いのかもしれません。

しかし、猫でもいざという時にはものを利用して助かるすべを考えるようです。

どういうことなのかは、次のページにてご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「僕と結婚するなら犬を捨てて欲しい」婚約者の男性から迫られた選択肢に女性はこう答えを出した…!

結婚するかわりに… お見合い婚がまだまだ多いインド。 今回ご紹介するカリシュマ・ウェールズさんもお見 …

スマホも壊れるような猛暑の中、変電ボックスと壁の間に挟まれた猫は多くの優しい人々によって救われた…!

ポルトガルの40℃を超える猛暑の中、 Imgurユーザーのjoelalmeidaptgさんがポケモン …

犬は5時間以上ぶら下がったまま→男性がその犬を発見した時、あまりの状況にゾッとした…!

アメリカの動物愛護団体「SNARR」は、エジプトで活動をしている団体です。 そんな動物愛護団体はある …

断固として「Ctrl+z」を押させてくれない我が家の文鳥(笑)一体なぜ・・・?

ペットが飼い主の行動を妨げることはよくあります。 例えば我が家で飼っている犬はトイレの前に陣取り、 …

母親と離れ離れになり、独りぼっちになってしまった子猫→保護された家にいたのは母性に溢れた先住猫だった…!

幼い命… 韓国に住んでいるInstgramユーザー、taylormyjさんはある日、路上を彷徨う1匹 …

PREV : 「ムダ毛の処理→時間がかかる」「レーザー→醜い跡」家で作れるこのワックスは必見!
あの『ハーゲンダッツ』に業務用があった!?しかもこれならとてもお得に買える! : NEXT