Lenon


Lenonをフォローしよう!


傷ついても、もう一度自由に大空へ!本にもなったハヤブサの復活劇に胸が熱くなる・・・


傷ついたハヤブサ

ハヤブサはウエールズのペンブロークシャー海岸沖のラムゼイ島付近で、

海にはまって溺れていたところをフィンさんに助けられました。

フィンさんは、当初は2、3日ですぐに野生に戻そうと思っていたのですが、

空に離そうとしてもハヤブサはうまく飛び立つことができませんでした。

フィンさんはハヤブサが健康を取り戻すまで、面倒を見ることにしました。

ジャッキーさんはハヤブサがフィンさんの元にいる間にたくさん写真を撮り、絵を描きました。

厳しいトレーニング

それからの数ヶ月間、

ジャッキーさんにとってもフィンさんにとってもハヤブサは生活の大きな部分を占めるようになりました。

冬の間ずっと鶏小屋で過ごしていたことから、

春になるとハヤブサの筋力を回復させるために厳しいトレーニングを始めました。

まだ弱々しいハヤブサはこのままでは自然界で生きていくことはできないからです。

毎日の厳しいトレーニングのなかで、フィンさんとハヤブサの間には絆が生まれていきました。

ジャッキーさんは頻繁にフィンさんのもとを訪れ、この様子を記録し続けました。

再び大空へ

最初は紐をつけて訓練していましたが、

互いに信頼関係が生まれると自由に飛び回らせることができるようになりました。

弱々しかった筋肉もだんだん逞しくなり、羽も立派になりました。

旅立ちを迎える時期が来たのです。

ジャッキーさんは、

ハヤブサがキッチンの窓辺から大空へと巣立って行く姿を描きたいと思うようになりました。

そして、この一羽のハヤブサとの出会いが素敵な本になりました。

傷ついた一羽のハヤブサが人の愛によって再び大空へ戻って行く物語を描いたこの本は、

愛と友情を描いた本なのです。

【関連記事】

ミミズクが命の恩人にハグ…人間とミミズクの絆に感動が止まらない!

プールで溺れていたカワセミに心臓マッサージと人工呼吸を丁寧に施した結果、見事に復活!

気温0度の中、凍った鉄パイプに足が貼り付いて飛べなくなったスズメを救ったおじいさん!その光景に心温まる・・・

1匹の犬に命を救われたハチドリ!自分を飛べるようにしてくれた命の恩人への感謝のしるしに心温まる・・・

台風の日に家族とはぐれて震えていたスズメ→一晩だけ保護したらなかなか見られない姿を見せてくれた!

出典:boredpanda



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ちょっと変わった子猫?・・・いいえ、違います!人懐っこいフェネックギツネにメロメロ…!

子猫? 動物の子供は、どんな種類でも可愛く感じてしまいますよね。 あどけない顔を見ていると思わず笑み …

瀕死寸前だった子猫が保護されたのちに見違えるほど美しい姿へと変身する!

道路などに、給排水を目的として設置されている側溝。 田舎だと、夏になれば散歩中の犬が側溝に入り水浴び …

ワンちゃんに捕まっていた子猫がやっとの思いで脱出した後にとった行動が笑える!

ワンちゃんに捕まって動けなくなっていた子猫(笑)やっとの思いで脱出した後にとった行動が笑える!詳細はこちら・・・

意識不明の状態となってしまった飼い主のそばに寄り添う忠犬に世界中の人々が涙・・・

今回ご紹介するのは、とある忠犬のお話です。 先日、1枚の写真がフェイスブックにアップされた所、世界中 …

アザラシとウミガメが寄り添いながら漂う悲しい事情に考えさせられる・・・

ウミガメとアザラシが寄り添いながら漂っています!一見ほっこりする様子ですが、そこには悲しい事情があったのです・・・

PREV : 高須院長が天皇陛下に褒められた!?ツイッターの投稿にお祝いの声続々!
車椅子専用のトイレから笑いながら出てきたのは…!本当に必要な人の切実な訴えに考えさせられる・・・ : NEXT