Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間に母親を殺された子ザルが新しく母親となった者に愛情を与える姿に胸が熱くなる・・・


このおサルさんの名前は「ブーマー」といいます。

中南米に生息している、木登りが上手なクモザル科の仲間ホエザルの赤ちゃんです。

ブーマーは密猟者に母親を殺されてしまいました。

密猟者の目当ては、ホエザルの赤ちゃんを捕まえてペットショップに売り飛ばすことでした。

しかし危機一髪のところで救出され、野生動物保護施設に送られます。

ブーマーの母親を殺した密猟者はパナマ警察に捕まり懲役3年の刑を下されましたが、

ブーマーの母親が生き返るわけではありません。

しかし保護施設では、預けられたブーマーに新しいお母さんが待っていたのです。

その母親との様子は、次のページにて詳しくご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

2年前に愛するの夫を亡くして悲しみに暮れていたおばあさんを救ったのは大嫌いなはずの猫だった…!

50年連れ添った最愛の旦那を2年前に亡くした女性、 ルリアさんは旦那の死後ずっと悲しみに明け暮れてい …

友達の家でお漏らしをしてしまった子犬が考えたおもしろ賢い行動をご覧ください…!

子犬を飼うと、一番にしなくてはならないのがしつけです。 無駄吠え、噛み癖、トイレのしつけ…。 最低で …

生まれつき水頭症や眼瞼内反症などの病気を抱えた子猫が小さな体で病気を克服し、元気な姿で恩返しする…!

エドワードという名前の猫は、アメリカはバージニア州の 「Richmond Animal Care a …

コンドルのヒナを助けて野生に返した男性がそのコンドルとかけがえのない親友になる!

今まで送ってきた人生の中で、誰しもが様々な出会いと別れを経験してきたことでしょう。 そうした経験は、 …

落ち込んで泣いている飼い主を見ていたワンちゃんの行動に思わずこちらまで涙・・・

人間と犬の関係は、私たちが知るはるか昔から始まっていました。 日本では1万5,000年前の縄文時代か …

PREV : もし水戸黄門に登場する人々がTwitterをやったら→マジでこんなことになりそう!
「どの寺や神社に来たかなんて覚えておかなくていい」京都のタクシードライバーの言葉に考えさせられる…! : NEXT