Lenon


Lenonをフォローしよう!


甘やかされてたるんだボディから健康ボディに衝撃の変身!体重を20キロ減らしたワンちゃんがこちら・・・


人間でもペットでも、必要以上に太るのは健康上よくありません。

ペットの肥満は、飼い主さんの責任と言えるでしょう。

ペットの中でも、犬は犬種によって体重も体格も違います。

体型からいって肥満に一番注意しなければならないのは「ダックスフンド」。

アメリカのとあるダックスフンドがとんでもないおデブさんになってしまいました。

たるんだボディ

この太ったワンちゃんは、「デニス」という名前の6歳になるミニチュア・ダックスフンドです。

とても犬とは思えない体型をしていますが、短い足のデニスはこの体では歩けそうもありません。

デニスはアメリカのオハイオ州に住んでいる看護士の卵であるブルック・バートンさんが、

親戚に甘やかされて育っていた状態を見かねて自分の元へ引き取りました。

この頃のデニスは体重が25キロ。

正常のダックスなら5キロなので相当な巨漢です。

どうやら親戚の方は、自分が食べているピザやハンバーガーなどをデニスに与えていたようです。

「この子のいる環境と不健康な姿が不幸だと知って、見て見ぬふりできなかった。」

とブルックさんは語ります。

親戚を説得して、デニスを自分の元へ連れてきたブルックさん。

彼女はデニスのダイエットを決行します。

ダイエットの結果は、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!

脱毛の再診に訪れたワンちゃんはあまりにも悲惨な姿になっていた!飼い主が無知であるために起こった悲劇をご覧ください・・・

生後4ヶ月の子犬に「良い子だね」と話しかけた時の子犬のドヤ顔がこちら!(笑)

褒められる事が嫌いな人というのは、なかなかいないでしょう。 家でご家族の手伝いをした時や学校、職場で …

暴力事件が発生→容疑者は保護施設の犬!しかしみんな笑顔になる逮捕理由とは?

多くの動物たちが収容される動物保護施設ですが訳ありの過去を背負い、 性格が荒んでしまった子もいるので …

飼い主と死別して行き場を失った犬を救ったのは仲の良い配達員だった・・・

ピットブルのレオは、飼い主のティナさんとカリフォルニア州のランチョ・クカモンガに暮らしていました。 …

病気の体を押して出産した母猫!我が子を守るため、母猫は決して眠らなかった・・・

ある日のこと、野良のトラ猫が物置小屋で5匹の赤ちゃんを産みました。 母猫は出産で疲れ切っていましたが …

PREV : 車椅子専用のトイレから笑いながら出てきたのは…!本当に必要な人の切実な訴えに考えさせられる・・・
耳の聞こえないおばあちゃんと生後9ヶ月の孫が声を出さずに会話する様子に感動…! : NEXT