Lenon


Lenonをフォローしよう!


甘やかされてたるんだボディから健康ボディに衝撃の変身!体重を20キロ減らしたワンちゃんがこちら・・・


人間でもペットでも、必要以上に太るのは健康上よくありません。

ペットの肥満は、飼い主さんの責任と言えるでしょう。

ペットの中でも、犬は犬種によって体重も体格も違います。

体型からいって肥満に一番注意しなければならないのは「ダックスフンド」。

アメリカのとあるダックスフンドがとんでもないおデブさんになってしまいました。

たるんだボディ

この太ったワンちゃんは、「デニス」という名前の6歳になるミニチュア・ダックスフンドです。

とても犬とは思えない体型をしていますが、短い足のデニスはこの体では歩けそうもありません。

デニスはアメリカのオハイオ州に住んでいる看護士の卵であるブルック・バートンさんが、

親戚に甘やかされて育っていた状態を見かねて自分の元へ引き取りました。

この頃のデニスは体重が25キロ。

正常のダックスなら5キロなので相当な巨漢です。

どうやら親戚の方は、自分が食べているピザやハンバーガーなどをデニスに与えていたようです。

「この子のいる環境と不健康な姿が不幸だと知って、見て見ぬふりできなかった。」

とブルックさんは語ります。

親戚を説得して、デニスを自分の元へ連れてきたブルックさん。

彼女はデニスのダイエットを決行します。

ダイエットの結果は、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

4度のお風呂にたっぷりの愛情→手厚い保護のお陰で、全身がひどく汚れた状態で発見された子猫はこんなに美しくなりました…!

路地裏やしげみに子猫が捨てられているといった痛ましいお話、よく聞きますよね。 保護する団体や施設が充 …

奈良や宮島にいる子鹿にはどんなにかわいくても触ってはいけない!その悲しい真意がこちら・・・

『奈良の東大寺』に『安芸の宮島』。 どちらも鹿で有名な観光地ですね。 その観光地で子鹿を追いかけまわ …

「おじいちゃん、ずっと大好き…」天国へと旅立った飼い主の墓に寄り添うワンちゃんの姿に涙が止まらない・・・

「人間の最も良い親友」とも言われているワンちゃん。 今回ご紹介するエピソードは、その言葉を裏付けるか …

猫が大好きなのに自分では飼えない男性の独特な愛情表現を写した画像12選!

ニック・カニングさんは大の動物好きで、今はオーストラリアン・キャットル犬と一緒に暮らしています。 し …

生まれてすぐに足を失ってしまったポニーへ贈られた義肢によってポニーが手に入れたものとは…?

「走ることが得意な動物といえば?」と質問すれば、多くの人が「馬」と答えるのではないでしょうか。 そん …

PREV : 車椅子専用のトイレから笑いながら出てきたのは…!本当に必要な人の切実な訴えに考えさせられる・・・
耳の聞こえないおばあちゃんと生後9ヶ月の孫が声を出さずに会話する様子に感動…! : NEXT