Lenon


Lenonをフォローしよう!


老犬が若々しい感じに大変身!動物の保護施設を渡り歩く男性の試みとは?


マークさんの仕事

ニューヨークに住むマークさんは市内の動物保護施設を渡り歩き、

無償でワンちゃんのトリミングを買って出ています。

彼がその『仕事』をするようになったのは、彼の婚約者の一言がきっかけだといいます。

「やりがいがあり、一生懸命取り組める仕事を探してみてはどうだろうか」

彼は、彼女のこの言葉に心を動かされたといいます。

もっと自分が熱心になれる仕事はないだろうか、マークさんは悩んだ末にあることを思い出しました。

それは、動物好きな彼が保護施設から犬を引き取った際にその犬の毛がボサボサに伸びて、

可愛い顔が毛で隠れてしまっていたことでした。

「これだ!」とマークさんは思いました。

保護施設の犬の身なりを整えてあげれば、

もっと多くの里親が見つかるのではないかと彼はひらめいたのです。

マークさんはその後、保護施設を訪ねてはワンちゃんの毛を切ったり、

お風呂に入れたりというボランテイ活動をすることになりました。

次のページで、マークさんによってワンちゃんが素敵に変わった実例をご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

天国の愛猫からのサプライズ?少女が自宅に帰るとそこには子猫が!少女は涙が止まらない・・・

ペットだって大切な家族。 その家族が亡くなってしまったら…。 考えただけでも胸が痛みます。 今回ご紹 …

出産間近の鹿が車に轢かれるのを見た男性が咄嗟にとった行動で新しい命が救われた!

カナダに住んでいるシーン・スティールさんはその日、奥様と共に車で釣り場に向かっていました。 その最中 …

ひどい虐待を受けた犬たちが保護されている施設で作り上げた絆に涙が溢れる・・・

家族として大切に扱われるペットたち。 通常であれば、家族の一員として幸せな生涯を歩むことになります。 …

お昼寝の前にはご主人様とお話しないと寝れない人間の言葉が分かっている様子の猫をご覧ください・・・

子供の頃、夜寝る前に絵本などの読み聞かせを親にしてもらったことがあるという方は多いと思います。 今回 …

両目を失い飼い主にも捨てられ、路上をさ迷っていた犬がある女性にもたらしたものとは?

私たちが両目を失い、路上をさまよう日々を送るとすれば、生きる希望を見出すのは難しいでしょう。 今回は …

PREV : 元SPEEDの今井絵理子が世間のバッシングに負けずに聴覚障害の息子と二人三脚で頑張る姿が話題に!
「血管ちぎれるかと」後藤真希、娘のイヤイヤ期と格闘!その奮闘ぶりに世のママたちが大共感…! : NEXT