Lenon


Lenonをフォローしよう!


老犬が若々しい感じに大変身!動物の保護施設を渡り歩く男性の試みとは?


マークさんの仕事

ニューヨークに住むマークさんは市内の動物保護施設を渡り歩き、

無償でワンちゃんのトリミングを買って出ています。

彼がその『仕事』をするようになったのは、彼の婚約者の一言がきっかけだといいます。

「やりがいがあり、一生懸命取り組める仕事を探してみてはどうだろうか」

彼は、彼女のこの言葉に心を動かされたといいます。

もっと自分が熱心になれる仕事はないだろうか、マークさんは悩んだ末にあることを思い出しました。

それは、動物好きな彼が保護施設から犬を引き取った際にその犬の毛がボサボサに伸びて、

可愛い顔が毛で隠れてしまっていたことでした。

「これだ!」とマークさんは思いました。

保護施設の犬の身なりを整えてあげれば、

もっと多くの里親が見つかるのではないかと彼はひらめいたのです。

マークさんはその後、保護施設を訪ねてはワンちゃんの毛を切ったり、

お風呂に入れたりというボランテイ活動をすることになりました。

次のページで、マークさんによってワンちゃんが素敵に変わった実例をご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

リュックの中から衰弱した状態で発見された猫!助けられると感謝の喜びが止まらなくなった・・・

ペットを安易に捨ててしまうのは残酷な行為ですが、 誰かに拾われるように捨てるのとゴミのように捨てるの …

動物病院へと続く道のりが最後のドライブ…飼い主の手を握り、「今までありがとう」と別れを告げる愛猫・・・

『ペット』とは一般的に愛玩を目的として飼育される動物のことである。 そうです、ペットというのは比較的 …

狼は「ワン」と鳴かないのに人間と暮らす狼の子孫の犬が「ワン」と鳴く人間想いの優しい理由がこちら!

犬の起源 みなさんがよく目にする犬。 その祖先は狼であるということは、ご存知の方も多いと思います。 …

シロフクロウの隣に雪だるまを置いてみたら可愛すぎて悶絶不可避の展開になった!

長野県にある須坂市動物園の公式Twitterが投稿したあるツイートが話題に!シロフクロウの隣に雪だるまを置いてみると・・・

ひどい被毛のもつれに苦しんでいたシーズーミックス!2キロの被毛との3時間にも及ぶ格闘の末・・・

被毛のひどいもつれに苦しんでいたシーズーミックス!2キロもある被毛との3時間に及ぶ格闘の末、見違える姿に変身しました・・・

PREV : 元SPEEDの今井絵理子が世間のバッシングに負けずに聴覚障害の息子と二人三脚で頑張る姿が話題に!
「血管ちぎれるかと」後藤真希、娘のイヤイヤ期と格闘!その奮闘ぶりに世のママたちが大共感…! : NEXT