Lenon


Lenonをフォローしよう!


ピットブルの里親が見つかりにくいという問題を解決するためにある保護施設が始めた斬新な取り組みがこちら!


ほとんどの人が犬を飼う時、まず気にするのは“犬種”ではないでしょうか。

犬種によって大まかな性格や成犬時の体格がわかるので、「まずは犬種をみて」という人が多いのです。

犬種は大きな役割を果たすからこそ、

悪いイメージがある犬種はそれだけで家族として迎え入れる対象から除外されてしまいます。

ピットブルの里親

アメリカの保護施設では、近年「ピットブル」の保護数が増えていることが問題になっています。

ピットブルは「人を襲う凶暴な犬」という間違ったイメージによって、

捨てられたり里親が決まらなかったりしてしまうのです。

また保護施設では野良犬も保護しており、犬種がわからない場合もあります。

時には、「ピットブルに似ている」というだけでピットブルと表記されてしまい、

誰も引き取り手が現れないケースもあります。

ピットブルは他の犬に比べ、

里親に引き取られるまでに平均で3倍の時間がかかるという調査結果もあります。

そんなピットブルを救った保護施設が話題になっています。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「待ってよ〜」飼い主がちょっとでも離れたらトコトコとついてくる柴犬君に思わずニヤニヤ…!

茶色の柴犬も可愛いいけれど、黒柴はまたイメージが変わって良いですね。 ペットの王道はなんといっても犬 …

窓を開けると屋根の上でまったりくつろぐ2匹のキツネを発見!一体なぜ・・・?

よく物語にも登場するキツネ。 都会ではあまり見られませんが、田舎ではよく見かける身近な動物です。 本 …

沼地に生えた木の上で動けなくなっていた絶体絶命の子猫を救ったのは・・・?

俊敏な猫は木登りが得意ですが獲物を追うことに夢中で、 気が付くと危険な目に遭う事も多いのではないでし …

20年間サーカス団に不自由な状態で飼われていたピューマを鎖の束縛から解放します…!

ムファサ 20年間太い鎖につながれてトラックの荷台で生きてきた一匹のピューマ。 サーカス団に飼われて …

犬と猫はおやつを待っているだけなのにどんどんコントのような感じに・・・(笑)

2匹はおやつを待っていました。 1匹は犬、もう1匹は猫です。 飼い主さんがおやつをくれるのを、今か今 …

PREV : 2人で揃えるとセンス抜群なペアTシャツ5選!素敵なペアルックにほっこり・・・
今話題の日本に上陸した殺人アリ「ヒアリ(火蟻)」の天敵が実は日本に存在していた! : NEXT