Lenon


Lenonをフォローしよう!


ピットブルの里親が見つかりにくいという問題を解決するためにある保護施設が始めた斬新な取り組みがこちら!


ほとんどの人が犬を飼う時、まず気にするのは“犬種”ではないでしょうか。

犬種によって大まかな性格や成犬時の体格がわかるので、「まずは犬種をみて」という人が多いのです。

犬種は大きな役割を果たすからこそ、

悪いイメージがある犬種はそれだけで家族として迎え入れる対象から除外されてしまいます。

ピットブルの里親

アメリカの保護施設では、近年「ピットブル」の保護数が増えていることが問題になっています。

ピットブルは「人を襲う凶暴な犬」という間違ったイメージによって、

捨てられたり里親が決まらなかったりしてしまうのです。

また保護施設では野良犬も保護しており、犬種がわからない場合もあります。

時には、「ピットブルに似ている」というだけでピットブルと表記されてしまい、

誰も引き取り手が現れないケースもあります。

ピットブルは他の犬に比べ、

里親に引き取られるまでに平均で3倍の時間がかかるという調査結果もあります。

そんなピットブルを救った保護施設が話題になっています。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

母親に見捨てられた子鹿が人間の優しさに触れたことで再び家族の元に帰るまでの記録に心温まる…!

動物界はとてもシビアなのでしょうか。 足が悪いというだけで母親に子鹿は捨てられます。 しかし、その子 …

周りに人もいないしハシビロコウに話しかけてみたら愛が芽生えた!

ハシビロコウ ハシビロコウは「動かざる鳥」として、多くの人から高い評価を得ている動物です。 また、ネ …

自分が捕獲したヒヒに子供がいた→その後ヒョウのとった行動に涙が止まらない・・・

ある動画が今ネットで話題をよんでいます。 それは生後8日目から3歳まで1匹のヒョウに密着して制作され …

子猫を拾ったがすでに3匹飼っていたので、一晩限定で保護→翌朝、お別れの前に愛犬に挨拶をさせると…!

アメリカのロサンゼルスでシャラ・プラットさんが車で仕事から帰る途中、歩道で一組の親子が小さな子猫を心 …

保護施設を辞める女性との別れを惜しんで抱きつく猫→思いもよらなかった行動を受けて思わず…!

ネコは好きですか? 皆さんの中には、ネコは無愛想でぶっきら棒な感じがしてあまり好きではない、という人 …

PREV : 2人で揃えるとセンス抜群なペアTシャツ5選!素敵なペアルックにほっこり・・・
今話題の日本に上陸した殺人アリ「ヒアリ(火蟻)」の天敵が実は日本に存在していた! : NEXT