Lenon


Lenonをフォローしよう!


ピットブルの里親が見つかりにくいという問題を解決するためにある保護施設が始めた斬新な取り組みがこちら!


ほとんどの人が犬を飼う時、まず気にするのは“犬種”ではないでしょうか。

犬種によって大まかな性格や成犬時の体格がわかるので、「まずは犬種をみて」という人が多いのです。

犬種は大きな役割を果たすからこそ、

悪いイメージがある犬種はそれだけで家族として迎え入れる対象から除外されてしまいます。

ピットブルの里親

アメリカの保護施設では、近年「ピットブル」の保護数が増えていることが問題になっています。

ピットブルは「人を襲う凶暴な犬」という間違ったイメージによって、

捨てられたり里親が決まらなかったりしてしまうのです。

また保護施設では野良犬も保護しており、犬種がわからない場合もあります。

時には、「ピットブルに似ている」というだけでピットブルと表記されてしまい、

誰も引き取り手が現れないケースもあります。

ピットブルは他の犬に比べ、

里親に引き取られるまでに平均で3倍の時間がかかるという調査結果もあります。

そんなピットブルを救った保護施設が話題になっています。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

海の風景をカメラに納めていた男性→次の瞬間、目を疑う光景が…救出せよ!

海をビデオカメラで撮影していた男性。 なんとはなしに、海を撮影していただけだった男性ですが、 次の瞬 …

両親が息子に夕食の手伝いをお願いした→断る息子と同じ質問をワンちゃんにすると…「えっ、今なんて言った!?

おしゃべりなペットといえば、インコなどの鳥類ですよね。 あまり知られていませんが、頭の良いカラスも根 …

両目を失い飼い主にも捨てられ、路上をさ迷っていた犬がある女性にもたらしたものとは?

私たちが両目を失い、路上をさまよう日々を送るとすれば、生きる希望を見出すのは難しいでしょう。 今回は …

せっかく保護したのにそれ以降食事をしなくなってしまった猫!その感動の原因とは・・・?

ある日路上で保護された猫、ロミオ。 しかしカルフォルニアの路上から保護施設に移ってすぐ、病気を患って …

氷の池に落ちた犬に噛み付かれながらも裸になって懸命に救おうとした男性!その結末は・・・

世界一寒い国と言われるロシアに住むアレクサンダーさんは、 気晴らしに公園を散歩していると池の周囲に人 …

PREV : 2人で揃えるとセンス抜群なペアTシャツ5選!素敵なペアルックにほっこり・・・
今話題の日本に上陸した殺人アリ「ヒアリ(火蟻)」の天敵が実は日本に存在していた! : NEXT