Lenon


Lenonをフォローしよう!


「病気の猫を安楽死させたい」という飼い主の望みに対して獣医が下した判断に絶賛の声続々!


ファング

この猫の名前はファングといいます。

以前、彼は飼い主さんと一緒に動物病院へ行きました。

膀胱の病気にかかっていたからです。

しかし飼い主さんが動物病院へ行った目的は治療ではなく、ファングの安楽死でした。

飼い主さんにファングの治療をさせる気がないと分かった獣医さんはファングを動物病院で引き取り、

治療しつつ面倒を見る事にしました。

診療してみたところ膀胱の病気は、少しの間食事制限するのみで完治したとの事です。

しかし、左目が感染症を起こしていました。

こちらはもう手遅れの状態だったので、やむを得ず眼球を取り出す決断をしました。

そんなつらい事ばかり続くファングでしたが、この後に嬉しい出来事が起きます。

一体、何があったのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

お墓から動こうとしない1匹の猫→その切ない理由と辛く悲しい現実に心が痛む・・・

1匹の猫が、土の上で休んでるようにも見えるこちらの画像。 この猫がいる場所ですが、実は墓地です。 イ …

新入りの子猫が先輩ワンちゃんに勇気を出して挨拶した結果が可愛すぎた・・・!

仲間として過ごしていくうえで、まず大事なのは初対面の時のの挨拶です。 新しい家にやってきたばかりの子 …

周りに人もいないしハシビロコウに話しかけてみたら愛が芽生えた!

ハシビロコウ ハシビロコウは「動かざる鳥」として、多くの人から高い評価を得ている動物です。 また、ネ …

これはこれでかわいい!どうやらこの豚は自分のことを犬だと信じて疑っていないようです・・・

オーストラリアのシドニーに住んでいる子ブタのオリーブは、 自分を犬だと思い込んでしまっているようです …

ひどくボロボロな「判別できない何か」の名前は『スカーレット』→なんと驚くことに老猫だった…!

路上でうずくまり、見るからに衰弱していたのは猫でした…。 ニューヨークにあるハンプトンベイズをある女 …

PREV : パン屋で商品を鷲掴みした子供に対してその親がとった対応に誰もが涙した…!
木下優樹菜がインスタで公表した大きな決断が話題に!仕事を辞めることも考えた末に・・・ : NEXT