Lenon


Lenonをフォローしよう!


ブタに8年支えられていた目が全く見えない牛!ブタがこの世を去った時、新しい人生へ歩み始める・・・


ベイビーとルル

アメリカのマサチューセッツ州には「Don’t Forget Us Pet Us」という愛護団体があり、

盲目の牛である「ベイビー」とブタの「ルル」はそこに保護されてから8年間を一緒に過ごしていました。

盲目のベイビーにとってルルは、日常を送っていく上で支えとなってくれるかけがえのない存在でした。

エサを食べる時や散歩をする時、眠りにつく時等ベイビーはいつもルルの後をついて歩いたとの事です。

そんな仲の良い友人関係であるベイビーとルルにある日、悲しい出来事が起こります。

それは一体、どのようなことでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

怪我をしたキツネの前に現れたライオンの家族がとった、弱肉強食の世界では信じがたい仰天行動とは?

アフリカのサバンナは過酷な弱肉強食の世界。 その頂点に君臨する「百獣の王ライオン」は、猫科の仲間では …

優しくてかわいい!男の子は寄ってきた子犬を1匹残らずみんな抱っこしてあげたいのです(笑)

小さな男の子が、芝生の上に座っています。 そこにモコモコした柴犬の子犬たちがやって来ました。 子犬た …

ボロボロの体で衰弱仕切っていた犬と海外旅行中に出会った女性→放っておけないと感じて保護をすると決断し…!

海外旅行で家族とギリシャのクレタ島を訪れていたキアラ・アイゼンドールンさんは、 島でドライブをしてい …

9匹のエキセントリックな猫たちがお疲れ気味な人間の心を癒してくれます・・・

会社や学校、お子さんをお持ちの方はPTA懇談会などなど、社会にはストレス要因で満ち溢れています。 疲 …

「誰かぼくのこといりませんか?」5年間誰にも引き取られずに施設で過ごしたピットブルはメッセージ付きで写真に写ったことで大きく運命が変わった…!

チェスター アメリカのニューヨーク州にある動物保護団体、「The North Fork Animal …

PREV : 「走らない、歩くの」ブルゾンちえみ風に子供に注意した結果が面白いと話題に!
親戚のパソコンを修理したら「馬鹿野郎」と怒られた!その理由に痺れる・・・ : NEXT