Lenon


Lenonをフォローしよう!


世界一美しい犬の人生を大きく変えたのはたった1枚の写真だった・・・!


オーストラリアで暮らすアフガン・ハウンドの飼い主であるルーク・カヴァナーさんは、

自分の犬の美しさを多くの人に知ってもらうため、SNSに写真を投稿しました。

愛犬の名前はティーといい、その美しさを彼は自慢せずにはいられませんでした。

黒くて美しいこの長い毛並みが、多くの人を魅了すると自信があったからです。

犬や猫などのペットを飼っている人であれば、

自分のペットの可愛さを自慢したいと思うルークさんの気持ちが理解できるのではないでしょうか。

ティーの美しさを自慢したSNSの投稿は、世界中の人の目に留まりました。

そんなある日、ティーの人生が大きく変わる出来事が起きました。

その出来事については、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

虐待された影響で心を閉ざした犬が過去を乗り越え、セラピー犬として人々を癒やす存在に!

虐待された影響で心を閉ざした犬!しかしそんなつらい過去を乗り越え、その後はセラピー犬として人々を癒やす存在になる・・・

競馬番組のインタビュー中にかわいい乱入者が出現するほっこりハプニング!

フィンランドに厩舎(馬小屋)を構える調教師のマティアス・サロさんはこの日、 厩舎の前で国内の競馬番組 …

男性がアライグマが歩道で死んでいる様子をツイートした結果、思わぬ事態が発生した…!

アライグマの死 「〇〇の歩道で死んだアライグマを目撃しました」 カナダのトロントに住む男性がこんなツ …

興味津々に覗く二つの目線→もっとかわいい光景へ変わった瞬間がこちら!

ドアのわずかなガラス部分から、部屋を覗き込むかわいい目線が二つ。 その向こうにはなにがあるのか、二人 …

感染症で両目を失いながらも幸せそうに生きる猫!その前向きさは私たちに大切なことを教えてくれる・・・

アメリカのカリフォルニア州にある動物保護施設で働くセレナさんが、 ある日捨てられていた子猫を保護しま …

PREV : 「『人見知り』とはガキだけに許された言葉」GACKTが自身の体験から生み出した考えの真意とは?
男性が、仕事が終わると帰る前に毎日公衆トイレでシャワーを浴びていたのは、ある秘密を隠すためだった…! : NEXT