Lenon


Lenonをフォローしよう!


奇跡を起こした助けを求める鳴き声!ある出会いから瀕死の子猫が幸せになるまでの道のり・・・


微かな子猫の声

ギリシアの島に住んでいるジョアンさんは、複数の猫達を世話していました。

ある日いつものように猫たちの世話をしていると、かすかに子猫の声が聞こえてきました。

ジョアンさんが声のする方へ探しに行くと、弱々しく鳴いている子猫が竹藪の中にいました。

正確には2匹いましたが、残念ながら片方の子猫はすでにこの世を去っていました。

生き残っている子猫の方も衰弱が酷く、ジョアンさんは自宅に子猫を連れていきました。

子猫には「チリ」という名前がつけられました。

ジョアンさんの家には他にも、カネリとバニラという名前の猫が2匹います。

チリはこれからどうなるのでしょうか?

彼女の今後が気になる方は、次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

我が家にて、犬という未知の生物と遭遇→その時の猫たちのおもしろ反応15選!

初めての出会いはやっぱり緊張? 1、特等席、取られた… 2、は、初めまして… 3、なんだ、このデカイ …

愛犬と一緒に空の旅へ…日本初&ANA発、わんダフルな企画『ワンワンフライト』の全貌がこちら!

愛犬の『手荷物』扱いに抵抗… 夏本番。 家族で避暑地に旅行などしたい季節です。 今や犬や猫も家族の一 …

ずっと待っていた新しい人間の命を見守る動物たちの家族愛にほっこり・・・

アメリカでのお話です。 出産を終えたボグス夫妻は新しい命を抱いて病院から帰宅しました。 その家には4 …

柴犬の赤ちゃんが可愛くもふもふレスリング!勝つのはどっちだ!?どっちも頑張れ!

茶色と白色、2匹の柴犬の赤ちゃんがじゃれ合っています。 その様はまるでレスリングのようです。 果たし …

この3枚の広告に動物愛護団体からのメッセージが隠されています!あなたには何が見えますか?

駅の構内や建物に貼られているポスター。 その中には動物愛護団体やアニマルシェルターが貼りだしているポ …

PREV : 「鶴の恩返し」→「亀の逆切れ」キレ抜群な世界中に溢れる対義語の数々をご覧ください…!
フリーズドライのカツ丼のクオリティがすごいと話題に!隠れた日本の技術力をご覧ください・・・ : NEXT