Lenon


Lenonをフォローしよう!


犬食文化の中国で男性が勇気ある行動をとった!その行動で救われた犬の新しい暮らしに涙が止まらない・・・


食用で売られていた犬

ある日、Xingyiさんは道端で売られている食用としての犬を見つけました。

見て見ぬふりをする事ができず、犬の代金90ドル(約1万円)を支払って犬を救いました。

娘のDanielleさんはこのようにコメントしています。

「私たちの環境は犬と住める環境ではなかったので、それ以上買えなかったの。けれど、少なくとも1匹の犬は助けられました。」

犬を食用として見る文化が私たちにはありませんし、異様な光景に写ります。

私たちにとってはペットのイメージが根付いている犬を、

食用として販売する行為に抵抗を覚える場面でしょう。

Xingyiさんは犬を”生命あるもの”として捉え、犬1匹を救い出したのです。

この救出劇の続きは、次のページにてお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

まん丸アライグマが飼い主さんに呼ばれてやって来たけど…何じゃこりゃ!?(笑)

見た目は愛らしいアライグマですが、その性格はなかなか狂暴でペットとするには難しいそうです。 今回は、 …

18歳まで長生きした犬は最後に一つの願いを叶え、幸せに溢れながらこの世を去った・・・

最近では医療の発達と共に、ペット食が改善された結果ペットの高齢化が進んでいるので、 保護された高齢の …

猫カフェが保護しないなら野良の子猫を触らないように訴える理由がこちら・・・

「お願いですから、保護する気がないのなら野良の子猫を安易に触らないでください」 こう訴えるのは、奈良 …

リオ五輪の本番3日前に愛馬の顔が腫れ上がってしまった→当日、観客とカメラが見守る中で馬主が下した決断に数百万人が涙した…!

アデリンデ・コーネリッセン選手(36歳)はオランダ人で馬場馬術という競技の選手です。 ヨーロッパ選手 …

「今日はシャンプーの日」ということで泥んこ遊びを許されたワンちゃん、笑顔で泥水にダ〜イブ!

ワンちゃんは本当に走るのが大好きな動物です。 しかしながら、普段は思いっきり走ることなんてできません …

PREV : 洗濯したのにニオイとシミが消えない→でも洗濯前にこのシンプルな技術を使えば問題なし!
なりやすい病気が誕生月で決まる!?特にアンラッキーかもしれない生まれ月はこちら・・・ : NEXT