Lenon


Lenonをフォローしよう!


分離不安症に苦しむ犬のもとに幼い子猫がやって来た結果・・・


「分離不安症」という心の病をご存知でしょうか?

人間でいえば、「依存症」にあたります。

集団で生活する犬に多い病気です。

特に気の弱いワンちゃんは飼い主さんが家を留守にすると不安になり、

ずっと鳴き続けるなどの問題行動を起こします。

独りぼっちが怖いのです。

分離不安症の犬

大きな体のハスキー犬“クマ”は、飼い主が留守にすると不安になる「分離不安症」でした。

大きな体で長時間鳴かれては本人もかわいそうですが、近所迷惑にもなります。

そこで、飼い主のサラさんは、新しい家族を迎えようと思いつきます。

そして、やって来たのは子猫の“トラ”です。

トラはネット上で、引き取り手を募集されていた猫です。

大きなハスキーと、小さな子猫ではかなり体格に差がありますね。

この2匹の仲はどうなっていくのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

なぜかすぐに時間通りに表示されなくなるリビングの時計→お前が犯ニャンか!

リビングの時計 Twitterユーザーの「ままおまんにゃんこ中毒(@rekonasu)」さんの家では …

突如8匹の野良犬が車を破壊!見事な団結力で人間に危害を加えるようなことをした理由とは?

これはトルコのマルマラ地方にある、サカルヤという所の監視カメラが捉えた映像です。 整備士を務めるCe …

寝るもんか!子ネコと睡魔の可愛すぎる51秒戦争勃発!!その結果勝者は・・・

今回ご紹介する子ネコちゃんは、生後2ヶ月のスコティッシュフォールド「ちびすけ」くん。 ちびすけくんに …

シェルターに引き渡された犬は檻の中で涙を流していたが外に出られると・・・

南カリフォルニアのロサンゼルス郊外の街であるカーソンには、 カリフォルニアでも高い殺処分率のシェルタ …

16歳の老猫、大好きだったご主人様を失う→新しい家族に見せた姿にほっこり・・・

アメリカのテキサス州にある動物保護施設「キティアドベンチャーレスキューリーグ」に引き取られた16歳の …

PREV : 新聞に投稿されたディズニーランドのエピソードが話題に!「自分の心がけで相手の態度は変わっていく」
洗濯したのにニオイとシミが消えない→でも洗濯前にこのシンプルな技術を使えば問題なし! : NEXT