Lenon


Lenonをフォローしよう!


ゴミ袋に血まみれの状態で入れられていた犬!裏切られても人間を信じ続ける健気な姿に涙が止まらない・・・


「ペットは動く、ぬいぐるみではありません」

可愛いともてはやされ、癒されるなどと撫でているその子も生き物です。

体調が悪いこともあれば、怪我をして血も流します。

死に至る病気に掛かる場合もあり、彼らは生きているのです。

ぬいぐるみのように、人間の思うようにはいきません。

そのように生きているワンちゃんを、病気になったからと無情にも手放した飼い主がいました。

ワンちゃんはその後、どうなったのでしょうか?

ゴミ袋に入れられたブラッキー

アメリカはカルフォルニア州の

「カーソン・アニマル・シェルター」に10歳ぐらいの犬が置き去りにされました。

「ブラッキーは飼い主に放棄され、体中血だらけでした。」

サンディエゴ愛護団体

「Frosted Faces Foundation(FFF)」の代表であるケリーさんはこのように語ります。

スタッフの方々に笑顔を見せているブラッキーという名前のワンちゃん。

彼女のシッポには腫瘍があり、そこから出血していて袋の中は血だらけだったそうです。

健康な犬でも、この姿はあまりにも惨いのではないでしょうか。

どうやら飼い主は自分の車が血で汚れるのを嫌がったらしく、

ブラッキーはこのような姿で連れて来られたのです。

飼い主にひどい扱いで放棄されたブラッキーには、どのような運命が待っているのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

自ら9羽のニワトリ達と共に小屋で暮らすことを選択した子猫の成長の軌跡!

今回ご紹介する子猫の名前は「キャラメル」といいます。 昨年の11月にアリソンさんの子供達がトランポリ …

子犬が高速道路ではねられ、放置されていた→もう1匹の子犬が自分の危険を考えずに寄り添い続ける姿に涙が出る…!

ここはトルコの高速道路です。 多くの車が、とても速いスピードで行き来しています。 そんな車に轢かれた …

古い倉庫で見つけられた死ぬ寸前の野良犬!救出されて10日後の姿に胸が熱くなる・・・

「野良犬」と名付けられた犬達。 彼らは元から野生だったわけではありません。 飼い犬だった子が、飼い主 …

へその緒が取れないで痛みに苦しんでいた子猫を救った”魔法のアイテム”とは?

へその緒が取れない子猫 こちらの子猫(当時まだ生後数日)は「セレーネ」といいます。 今から数週間前に …

ケージの外の世界を知らない犬→人の優しさに触れ、初めて広い世界を知った姿に涙が溢れる・・・

ある動物保護団体に保護された1匹の女の子のワンちゃん。 この犬は保護されるまで、飼い主から虐待を受け …

PREV : 子供が家庭で虐待を受けているかどうかを見抜く方法をある先生が伝授!
リンゴが丸ごとボトルの中に!どうやって入ったのかというとこの驚きの製作方法だった・・・ : NEXT