パピーミルに取り残された500匹の犬たちの救出された後の姿に涙が溢れる・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


パピーミルに取り残された500匹の犬たちの救出された後の姿に涙が溢れる・・・


レスキュー

ボランティアや獣医師、警察官などの色々な職種の人たちが力を合わせて犬たちの救助を始めます。

「長い間辛かったわね、もう大丈夫よ。これからはあなたたちはうんと幸せになるって決まっているの!」

こんなに小さい赤ちゃんも数多くいました。

「さあ、ここから早く出て明るい世界に行きましょうね」

レスキュー後、温かい寝床があるケージの中でゆっくり眠る母犬と子犬。

当初の不安そうな表情はもう消えています。

パピーミルではエサやお水入れのお皿が汚れていて、ほしい時にもらう事もできませんでした。

しかし、今では清潔な環境でエサもお水ももらえます。

あの環境では、母犬の体へのストレスはかなりのものだったことでしょう。

今では安心して授乳する事ができます。

1年後

あれから1年後、この笑顔をご覧下さい。

幸せで満ち溢れている様子が伝わってきます。

眠る場所はいつも柔らかく温かいですし、飼い主さんがいつもそばにいてくれます。

かつてパピーミルにいた犬たちは、現在はとても幸せそうです。

これからも飼い主さんと仲良く幸せに暮らしていくことでしょう。

犬たちが助け出されて本当に良かったと思います。

しかし、まだまだ存在が知られていない悪質なパピーミルの実態があると想定されています。

以前あった猫の譲渡会でも、とある民家で犬猫が100匹も放っておかれていたケースがあると聞きました。

こういった問題を少しでもたくさんの人々が知っておく事で、

今よりも問題が改善されていくと感じています。

【関連記事】

パピーミルの最悪の環境の中で生きていた犬が保護された瞬間に取った行動に胸が締め付けられる…!

パピーミルの悲惨な現状を社会に訴えるため1匹のチワワが自らの命を懸けて奔走した…!

「子犬工場」から助け出されたチワワの抱きしめられている時の表情の変化に涙がこみ上げる・・・

子犬を生む”道具”として数年間地下室で生かされていたトイ・プードル!私たちはこの話から目を背けてはいけない・・・

「多頭飼育崩壊」の悲惨な実態!長崎の一般家庭で放置されていた50匹のマルチーズをご覧ください・・・

出典:YouTube



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

一緒に寝ていた赤ちゃんの寝相が悪くて猫さんに思いがけない結末が襲いかかる…!

お家に新しい小さな家族がやってきました。 先に住んでいた先輩の猫さんは、赤ちゃんが気になって仕方があ …

動物保護団体「アニマル・エイド・アンリミテッド」の活動から動物救助のあるべき姿について考えさせられる…!

アニマル・エイド・アンリミテッド インドでは野良犬が多く生息しており、 車に轢かれて瀕死状態の犬や病 …

空っぽの保護施設へ寄付に訪れた女性が出会いを待つ最後の子猫を見て決断した事とは?

出会いを待っていた最後の子猫を見た、空っぽの保護施設へ寄付に訪れた女性!彼女がその子猫と出会ったことで、決断した事とは?

田んぼでワンちゃんを遊ばせた結果恐ろしい姿に…!さっきまでの可愛らしさはどこ?

ワンちゃんは室内でも外でも、どこでも自由に遊びます。 飼い犬が遊ぶ姿は可愛らしく、そんなところで遊ん …

24時間365日抱っこを要求し、してくれないと泣きわめく老猫にスタッフが考えた対策でみんなが笑顔に!

ある日、メイン州ウェストブルックのレスキューグループに老猫がやってきました。 この猫の名前は「ドギー …

PREV : ケガした老人を助けてテストに遅れた生徒にさえ再試を認めない進学校を変えた1本の電話とは?
この人は胸が膨らんでいると思っている人々は騙されています!その秘密はこちら・・・ : NEXT