Lenon


Lenonをフォローしよう!


命が危ぶまれる重傷を負った子猫の運命は、愛情あふれる女性の粘り強い支えによって大きく変わった…!


想像もできないほどの傷を負った子猫がいました。

重症を負った人間ならば必死で助けられ、応急処置をして救急車を呼びますが、

相手が子猫なら安楽死を選択するのではないでしょうか。

しかし信じられない重症を負った子猫を、粘り強く看護することで助けた女性がいたのです。

ひどい重傷の子猫

頭に包帯を巻いている子猫は、生後1ヶ月ほどの赤ちゃん。

優しく抱っこしているのは、子猫が重傷を負った時に駆け付けてくれたジェシー・アンダーソンさんです。

子猫がひどい状態で発見された時の事を、ジェシーさんは次のように語りました。

「子猫の頭皮は頭蓋骨まで削がれてしまい、両耳も切断されてしまっていました。」

ジェシーさんは発見した子猫を自宅に連れて帰り、そして翌朝には動物病院に連れて行きました。

ジェシーさんと獣医さんは、怪我の原因をこのように推測しました。

「おそらく物置に置いてあった芝刈り機に挟まってしまったのではないか」

しかし、酷い傷であるにも関わらず子猫はとても元気だったそうです。

さて元気は良いものの、耳ごと頭皮も失ってしまった子猫はどうなるのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

自分がやらかした失敗を心の底から反省している、かわいそうだけど笑えるワンちゃん14選!

こちらのワンちゃん、何かしでかしたようですね。 立ち上がって飼い主さんの様子をうかがっているようです …

家の中に見知らぬ野生のキツネ!?寒さをしのぐためにキツネがとった衝撃の行動がこちら・・・

家の中で見たのは、見覚えのない野生のキツネ!?寒さをしのぐべく、そのキツネがとった衝撃の行動が話題に!詳細はこちら・・・

なぜか無言の圧力をかけてくるハト!その理由はゆっくり視線を移すことで納得できる(笑)

ある場所では、なぜかハトが無言の圧力をかけてくるそうです…!その理由はそこから視線をゆっくり移すことが納得できるでしょう(笑)

我が子と二度と会えなくなった母猫!子の遺灰を抱きしめる母性に溢れた姿に涙が溢れる・・・

アメリカのネバダ州での出来事です。 あるお宅の庭でオフィーリアと名付けられる母猫が、5匹の子猫を生み …

猫がいつもどこを散歩しているのか調べるためにGPSをつけた結果、驚愕の事実が判明!

街中を歩いていると日当たりの良さそうな民家の軒下で、 どこかの猫が心地よさそうにひなたぼっこしている …

PREV : 旅行中に突然「ママ、変な臭いがするよ」と息子から言われた!後で判明した恐ろしい事実とは…?
「もし、私が死んだら」小林麻央が生前に遺していた手記に涙が止まらない…! : NEXT