Lenon


Lenonをフォローしよう!


100時間にも及ぶ救出活動の末に排水溝に落ちた子猫の尊い命が救われた…!


子猫は体も小さく柔らかいため、

人間では考えられないような場所にはまり込んだり落ちたりします。

自宅の壁の中から子猫の声がして、壁を壊してみると子猫がいたということも。

見放された子猫

アメリカはカリフォルニア州での出来事です。

2016年6月28日、車のバンパーの上にいた子猫を保護しようとした方がいました。

子猫は自分を保護してくれると理解できず、バンパーから飛び降ります。

しかし飛び降りた先は運の悪い事に、排水溝の溝だったのです。

子猫を保護しようとした方は、慌てて地元のアニマルコントロールや消防署に連絡し助けをもとめましたが、

「猫を助ける事はできない」と言われてしまいました。

そんな中、子猫の惨事を聞きつけた地元の動物レスキュー団体

『Sierra Pacific Furbabies(シエラ・パシフィック・ファーベイビーズ)』のボランティアの方々が、

子猫を救出に駆け付けました。

それから、100時間にも及ぶ子猫の救出作戦が始まったのです。

果たして子猫の運命は?

結末は次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飛行機の機内で苦しみ出したフレンチブルドッグを全力で助けた乗務員たちに絶賛の声続々!

飛行機に乗っている最中、苦しみ始めたフレンチブルドッグ!そんな中、全力で助けた乗務員の人々に絶賛の声が続々と寄せられています・・・

うずらの作業妨害の威力が凄まじすぎてとても勉強に集中できません・・・(笑)

大学生のS(@murasyudodo)さんは、インコやたくさんのうずらと暮らしています。 ある日テキ …

ご主人様が大変だ!ワンコの集団が飼い主が溺れたと勘違いして助けに向かう様が笑えるw

1人の男性が、川で優雅に泳いでいます。 しかし、それを溺れたと勘違いしたワンコの集団が必死に泳いで助 …

24時間365日抱っこを要求し、してくれないと泣きわめく老猫にスタッフが考えた対策でみんなが笑顔に!

ある日、メイン州ウェストブルックのレスキューグループに老猫がやってきました。 この猫の名前は「ドギー …

視覚障害の男性と盲導犬がいくら悲しい気持ちや表情になろうとも、誰も席を譲ってくれない…!

電車の中で悲しい気持ちや表情になる視覚障害の男性と盲導犬!しかし、それでも周りの人は誰も席を譲ってくれない・・・

PREV : 「帰りにスーパーの魚コーナーに寄って」と指令して夫を泣かしてしまった妻は鬼嫁?
初めてもらった給料で家族に焼肉を奢った男性!しかし父親から衝撃的な一言を言われて言葉が出なかった・・・ : NEXT