Lenon


Lenonをフォローしよう!


全身を接着剤で覆われて死にかけていた子猫は人々の優しさによって奇跡の復活を果たす!


接着剤に覆われた子猫

ドイツはケルンで発見された今回の子猫。

なんと体中が強力な接着剤で覆われ、身動きが取れなくなっていました。

子猫を助けたレスキュー団体の方々はその時の子猫の様子について、次のように話します。

「前足とほっぺたが完全にくっつき、全身の毛は皮膚についてはがれない状態だった」

コチラが保護された子猫です。

なぜ、子猫がこの様な状態になってしまったのかは誰にもわかりません。

接着剤の影響で目も開かず、

このままでは危険な状態の子猫をレスキュー団体の人々は助けようとしました。

毛を剃ってしまうのではなく、時間をかけて少しずつ子猫の体の接着剤を取り除いていきます。

衰弱しきっていた子猫を彼らは、助けるために手を尽くしました。

子猫はどうなったのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛猫がこの世を去って1週間後、兄弟猫の首輪にとても感動的な手紙がくくりつけられていた…!

イギリスで暮らすカップルは、ベアとテディという2匹の猫を飼っていました。 しかしある日、ベアが天国へ …

気温0度の中、凍った鉄パイプに足が貼り付いて飛べなくなったスズメを救ったおじいさん!その光景に心温まる・・・

2017年1月1日、年が明けた朝のことです。 アメリカのアイダホ州に住んでいるネルソン・ウィルソンさ …

自分が捕獲したヒヒに子供がいた→その後ヒョウのとった行動に涙が止まらない・・・

ある動画が今ネットで話題をよんでいます。 それは生後8日目から3歳まで1匹のヒョウに密着して制作され …

蝶のほっこりするような事実!これはどんな本にも載っていないし学会でも発表されていないでしょう・・・

動物に人の心は通じるのでしょうか。 犬や猫は同じ哺乳類ですし、一番心が通じるように思われます。 だか …

安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・

身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状 日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税 …

PREV : 北川景子とDAIGO夫婦に「子供について」の質問をしてみた→その回答が素晴らしすぎると話題に…!
「帰りにスーパーの魚コーナーに寄って」と指令して夫を泣かしてしまった妻は鬼嫁? : NEXT