Lenon


Lenonをフォローしよう!


生まれつき水頭症や眼瞼内反症などの病気を抱えた子猫が小さな体で病気を克服し、元気な姿で恩返しする…!


エドワードという名前の猫は、アメリカはバージニア州の

「Richmond Animal Care and Control(リッチモンド・アニマルケア&コントロール)」

という動物保護施設で生まれ、その後メーガンさんという里親の元で暮らしてきました。

エドワードは生まれつき、様々な病気を抱えていました。

そのため、生後数ヶ月は治療続きの大変な時期を過ごしました。

そして獣医さんや保護施設の職員さんたち、さらにメーガンさんなどの温かい愛情に囲まれ、

病気を無事克服した今は幸せな日々を送っています。

そんなエドワードの困難な生い立ちから現在までの様子を、お届けしたいと思います。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

これはもう血が繋がっていることは間違いないと断言できる猫6匹の様子がこちら!

血統の確かなメス猫に、雑種のオス猫を交配していけないということをご存知ですか? メス猫は発情が来ると …

ネグレクトで心も体も傷つき、電話ボックスに閉じ込められてもこの犬は生きることを諦めなかった・・・

南ロンドンに住むエマ・センプルさんと言う女性は、小さな動物保護団体を運営していました。 そんな彼女の …

パソコンに頭を乗せて眠るワンちゃん→飼い主を想う健気すぎる行動の理由とは・・・?

1匹のワンちゃんが、ノートパソコンのキーボードにアゴを深くのせて静かに眠っています。 一見ノートパソ …

ボロボロの状態で発見された15歳の老猫が保護された施設で運命の人と出会うと・・・

ある日、全身ボサボサの15歳の老猫が発見され、『ボールヒーズ・アニマル孤児院』へ保護されました。 ス …

朝、地下鉄が運転見合わせに…でも乗客はみんな笑顔!その理由は乗っていた野良犬にあった・・・

ある月曜日の朝のこと。 朝の通勤ラッシュで人が溢れるモスクワの地下鉄で、運転を一時見合わせるという事 …

PREV : ガンを患った彼女から「もう一緒にいない方がいい」と言われた彼氏がとった行動に涙・・・
北川景子とDAIGO夫婦に「子供について」の質問をしてみた→その回答が素晴らしすぎると話題に…! : NEXT