Lenon


Lenonをフォローしよう!


女性が出会ったのは瀕死寸前の猫!救いたいという彼女の思いが奇跡を起こす・・・


2016年6月に韓国で、

レイチェル・ブラウンさんは重度の上部呼吸器感染(URI)と脱水症状を患っている猫の存在を知りました。

ブラウンさんはネコの状態の深刻さを感じて、手遅れになる前に助けてあげたいと考えました。

深刻な容体

彼女が引き取ろうとした猫の健康状態はかなり深刻で、

獣医師からは「医療費は高額になり、助かる見込みもない」と告げられたのです。

普通の人であれば「助かる見込みのない猫」と言われてしまえば、

引き取ることを諦めてしまうことでしょう。

しかしブラウンさんはこの猫の存在を知った時から、気持ちは決まっていました。

そして彼女は翌日に、その猫を引き取ったのでした。

その後、猫とブラウンさんはどのような生活を送ったのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

会社を辞めて家も売ることを決断した青年が唯一残したものとは?1人と1匹の心温まる旅の軌跡!

会社を辞める事と、家を売ることを決断した青年が唯一残したものとは?1人と1匹の心温まる旅の軌跡をご覧ください…!

うずらの作業妨害の威力が凄まじすぎてとても勉強に集中できません・・・(笑)

大学生のS(@murasyudodo)さんは、インコやたくさんのうずらと暮らしています。 ある日テキ …

もう助からないだろうと予想されていた名ばかりのブリーダーに見捨てられた子犬の運命は…?

ボストンテリア この子は「ボストンテリア」という犬種の犬です。 お分かりいただけますか? ボストンテ …

一家に一羽欲しくなる超お利口なニワトリ!「息子起こしてきて!」の一言で自慢の雄叫びを使い、叩き起こす(笑)

家族の一員はニワトリ! 皆さんは、お家でペットは飼ってらっしゃいますか? 犬、猫、ハムスター、ウサギ …

「ご主人を祝福するニャ!」ひとりぼっちだった自分を救ってくれた飼い主の結婚に喜びを爆発させる猫!

捨て猫から飼い猫へ 1人暮らしの時に、初めて猫を飼う人は意外と多いのではないでしょうか? そして1匹 …

PREV : 「どうやら私は死んでしまった」Facebookに投稿された母親の遺言に涙が止まらない・・・
引き算が苦手な息子にお母さんが教えた「引き算が楽しくなる方法」に目からウロコ! : NEXT