Lenon


Lenonをフォローしよう!


女性が出会ったのは瀕死寸前の猫!救いたいという彼女の思いが奇跡を起こす・・・


2016年6月に韓国で、

レイチェル・ブラウンさんは重度の上部呼吸器感染(URI)と脱水症状を患っている猫の存在を知りました。

ブラウンさんはネコの状態の深刻さを感じて、手遅れになる前に助けてあげたいと考えました。

深刻な容体

彼女が引き取ろうとした猫の健康状態はかなり深刻で、

獣医師からは「医療費は高額になり、助かる見込みもない」と告げられたのです。

普通の人であれば「助かる見込みのない猫」と言われてしまえば、

引き取ることを諦めてしまうことでしょう。

しかしブラウンさんはこの猫の存在を知った時から、気持ちは決まっていました。

そして彼女は翌日に、その猫を引き取ったのでした。

その後、猫とブラウンさんはどのような生活を送ったのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

バスに乗車し、終点でも降りなかった犬→バスの中でとんでもないことが起きた…!

ロンドンでバスの運転手をしているポール・マックさん。 この日mいつもの通りにバスを運転していました。 …

脱走した象のために余命わずかのベテラン飼育員が立ち上がる!50年前の上野動物園の物語に胸が熱くなる・・・

上野動物園は、おそらくほとんどの方がご存知だと思います。 たくさんの動物がいて、時期によってはふれあ …

交番の警察に助けを求めた猫が子供を連れて恩返し?猫がお巡りさん見習いになちゃった!

お隣、韓国の釜山からかわいいお話が届きました! 交番に勤務するお巡りさんのもとに1匹の野良猫がやって …

とある大学の卒業アルバムの、学生と一緒に写った盲導犬に隠されたエピソードに涙が止まらない…!

常に視聴覚障害者に寄り添い、安全に誘導している「盲導犬」。 犬が立ち入り禁止のお店や施設でも、盲導犬 …

「自己責任で」と注意書きされたサメが泳いでいる水槽に男性が触った結果、予想通りの展開に・・・

世界にはたくさんの博物館がありますが、 アメリカのワシントンD.Cに私営の『国際スパイ博物館』という …

PREV : 「どうやら私は死んでしまった」Facebookに投稿された母親の遺言に涙が止まらない・・・
引き算が苦手な息子にお母さんが教えた「引き算が楽しくなる方法」に目からウロコ! : NEXT