Lenon


Lenonをフォローしよう!


殺処分される直前で救われた子猫を温かく迎えてくれたのは4匹の犬だった…!


行き場のない動物が保護シェルターに引き取られても、仕方がなく殺処分にされてしまうケースがあります。

「人間に危害を加える恐れがある動物」「病気や怪我で衰弱している動物」「生後間もない動物」などです。

小さな赤ちゃんほど可愛いので引き取り手があると思われますが、

24時間面倒を見なければならない場合は殺処分されます。

そのような赤ちゃんの面倒をシェルターで世話をする余裕がないのです。

ある生後間もない子猫が、安楽死させられるところを救われました。

1匹の救われた猫と愉快な仲間たちのお話をお届けします。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

染色体異常が原因で普通の猫とは違う”特別な”顔を持って生まれた猫の人生とは?

シュガープラム シュガープラムは推定生後8か月の猫で、コアラみたいな鼻と長い耳が特徴です。 6月20 …

ニャンコ感激!ボールプールをプレゼントしてもらった猫の喜びレベルがすごい・・・

商業施設の幼児向けキッズコナーで、「ボールプール」をよく目にします。 小さい子供達がボール一杯の中で …

猫専用の通路に大きな障害物(犬)何としても通りたかった猫の優しい対応がこちら!

猫を飼っているお家の扉や壁によくある、猫用の小さな通路。 猫を飼っているあるお宅にも、そうした通路が …

「路上生活のワンちゃん達に幸せを・・・」 9歳の少年の夢が起こした感動の奇跡!

路上に行き場のない数匹の犬がいるとします。 あなたならどうしますか? 「うちでは飼えない…」 「汚ら …

体重を計るワンちゃんに飼い主が言ったあの言葉はワンちゃんの乙女心も傷つけてしまう…!

そろそろ夏本番。 海やプールと露出が増える季節ですね。 多くの女性が水着を着るために、少しでも痩せよ …

PREV : この綺麗な女性、なんと足が3本ある!?その真相がこちら・・・
ある母親と娘によるおやつの半分この方法が斬新すぎると話題に・・・! : NEXT