Lenon


Lenonをフォローしよう!


9歳の少年を里親として選んだ猫!12年の時が過ぎてもふたりは最高の友達です・・・


動物は本能的に、自分を可愛がってくれる人間を選ぶ能力があります。

ある保護施設で暮らしていた猫は、そこに訪れた9歳の少年を好きになりました。

しかし、少年が欲しかったのは子猫です。

4歳の猫

ある日ジャック・シモンズ君(9歳)は、母親のクリスティンさんと一緒に保護施設を訪れました。

ジャック君は子猫が欲しかったのですが部屋が混んでいたため、少し空いていた成猫の部屋へ行きました。

そこにもたくさんの猫がいましたが、その中に施設で「ペン」と呼ばれている4歳の茶トラがいたのです。

混んでいるのが苦手なペンはジャック君が椅子に座ると何かを感じ取ったのか、

すぐに膝の上に飛び乗りました。

そして喉を鳴らしながらキスをし、ジャック君の膝でくつろぎ始めたのです。

それから10分後、クリスティンさんはジャック君を連れて子猫の部屋に行きました。

しばらく無邪気な子猫達と触れ合ったジャック君、彼はどの子を気に入ったのでしょう。

その後の模様は次のページにてご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

望まぬ形であろう最期を迎えようとしていた猫→ペット用品店で暮らし始め、幸せで掴んで最期を見事に免れる!

ペットとして犬よりも猫の飼育頭数が上回っている日本ですが、ペットの殺処分は依然として続いています。 …

「どこに行っちゃったの?」目の前で飼い主が命を落とした場所から離れられない愛犬の姿に心が痛む…!

かなり有名な「忠犬ハチ公」という実在した秋田犬がいました。 約10年もの間、亡くなってしまった飼い主 …

「もう一度だけあの子に会いたい」末期がん女性の愛犬に対する思いに涙が溢れる・・・

がん(悪性腫瘍)という言葉を、最近は特に耳にするようになりました。 このたび厚生労働省が「誰もが働き …

鳥よけ用のダミーカラスに騙された猫のリアクションが芸人顔負けで笑えてしまう!

野鳥との付き合い方はとても難しいです。 見た目はとても愛らしいのですが、 作物を荒らしたりベランダに …

15年経っても切れない絆!地下牢に閉じ込められていたライオン・クマ・トラは今も一緒に暮らし続けている…

この世界には種族の違う生物同士が意外な友情を育むことがあります。 人間と動物がまさにその典型ですね。 …

PREV : 毎日緑茶を3杯飲んでいた16歳の少女の体に起こった変化に医者は言葉を失った・・・
「何これ、スゲエ」先生を驚嘆させた、高校1年生が授業で作ったモノがこちら…! : NEXT