Lenon


Lenonをフォローしよう!


9歳の少年を里親として選んだ猫!12年の時が過ぎてもふたりは最高の友達です・・・


動物は本能的に、自分を可愛がってくれる人間を選ぶ能力があります。

ある保護施設で暮らしていた猫は、そこに訪れた9歳の少年を好きになりました。

しかし、少年が欲しかったのは子猫です。

4歳の猫

ある日ジャック・シモンズ君(9歳)は、母親のクリスティンさんと一緒に保護施設を訪れました。

ジャック君は子猫が欲しかったのですが部屋が混んでいたため、少し空いていた成猫の部屋へ行きました。

そこにもたくさんの猫がいましたが、その中に施設で「ペン」と呼ばれている4歳の茶トラがいたのです。

混んでいるのが苦手なペンはジャック君が椅子に座ると何かを感じ取ったのか、

すぐに膝の上に飛び乗りました。

そして喉を鳴らしながらキスをし、ジャック君の膝でくつろぎ始めたのです。

それから10分後、クリスティンさんはジャック君を連れて子猫の部屋に行きました。

しばらく無邪気な子猫達と触れ合ったジャック君、彼はどの子を気に入ったのでしょう。

その後の模様は次のページにてご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫が増えすぎた為、放置して出ていった家主!それから8ヶ月後・・・

多頭飼育崩壊 2017年8月にアメリカのイリノイ州の空き家で、42匹の猫が発見されました。 どうやら …

病気で目が開かないまま車道を渡ろうとしていた子猫→一人の女性と出会い、大きな瞳で感謝を伝える!

人と動物の偶然の出会いが運命を変えることがあります。 そしていつしか偶然の出会いが必然へと…。 ある …

玄関先で発見した手紙とピザと捨て犬に対して家主がとった行動がまさかの結果をもたらす!

玄関先に手紙とピザを添えられる形で犬が捨てられているのを発見!それを受けて、家主がとった行動がまさかの結果をもたらすことに・・・

鼻と口の一部を失い、身も心もズタボロだった闘犬がだんだんと心を開いていき・・・

こちらの犬、闘犬として有名なピットブルという犬種ですが、なんと鼻と口の一部を失っているのです。 保護 …

プーズーが日本にやって来た!高さが40センチしかない世界最小の鹿をご存知ですか?

小さい! チリのチロエ島には、「プーズー」という世界最小の鹿が生息しています。 体長70~90センチ …

PREV : 毎日緑茶を3杯飲んでいた16歳の少女の体に起こった変化に医者は言葉を失った・・・
「何これ、スゲエ」先生を驚嘆させた、高校1年生が授業で作ったモノがこちら…! : NEXT