Lenon


Lenonをフォローしよう!


猫好きなら多くの人が知っているこの保護された猫はとてもレアな種類でした…!


「招き猫」の置物があるように、猫が運を招くというジンクスがあります。

それが捨て猫を偶然に保護し、それから運気が向いてきたという話だとまさに運命を感じますね。

そんな幸運を呼ぶ猫が、アメリカのロサンゼルス「SPCAシェルター」で保護されました。

このシェルターにある日、6匹の子猫を連れた母猫が保護されました。

小さな子猫を抱えた気の毒な野良猫と思っていたら、その母猫と子猫達はとても珍しい猫種だったのです。

それは140年という長い歴史を誇る「SPCAシェルター」で、初めて起きた出来事でした。

猫好きの方は思わず声をあげてしまいそうな、

保護された猫さん一家を次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛猫を心配した12歳の少女が獣医に宛てた「助けて、獣医さん!」というメッセージに感動の声続々!

ちょっと目を離した隙に思いもよらぬ行動をとってしまうという経験を、 犬や猫などのペットを飼っている人 …

猫カフェが保護しないなら野良の子猫を触らないように訴える理由がこちら・・・

「お願いですから、保護する気がないのなら野良の子猫を安易に触らないでください」 こう訴えるのは、奈良 …

火事で家と飼い主を失い、不安に怯えていた犬を救ったのはいつも一緒のぬいぐるみだった…!

スモーキー 慣れ親しんだ環境から離れるのは、誰しも不安に思います。 ペットも同じように異なる環境、ま …

初めて行く病院での注射にビビってしまい、今にも叫びそうになるハスキー犬(笑)

注射が好きだという方は少ないと思います。 大人でも注射をする時には、その針先を見ていられなくて固く目 …

両目を失い飼い主にも捨てられ、路上をさ迷っていた犬がある女性にもたらしたものとは?

私たちが両目を失い、路上をさまよう日々を送るとすれば、生きる希望を見出すのは難しいでしょう。 今回は …

PREV : 鯉が空を飛んでいるような神秘的なスポット!透明度が高すぎる岐阜県モネの池とは?
昭和の時代に流行ったビーズバッグを捨ててはいけないという理由に心が痛む・・・ : NEXT