Lenon


Lenonをフォローしよう!


ある日いきなり寝たきりだった愛犬が立った!すぐさま飼い主の男性は犬をある場所へ連れて行った・・・


キーファ

飼い主の名前はstaynkinsさん。

愛犬の名前は「キーファ」といいます。

数年前からキーファは重い病気にかかっており、2年前には両目を摘出する手術を受けました。

両目の手術を無事に終えたキーファ。

しかしそれから彼は徐々に弱っていき、今年の4月にはほとんど歩けなくなってしまいました。

段々と弱っていくキーファを見て、staynkinsさんはやるせない気持ちを抱えてしまいます。

しかし、そんな彼らにある変化が訪れました。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

里親は、22歳の保護猫はもう先が長くないことを悟り、猫と冒険の旅へ出ることにした!

22歳のティガー これは、保護猫のティガーとエイドリアンさんの心温まるお話です。 アメリカのメリーラ …

単身赴任していたお父さんが久々に帰宅した時のワンちゃんの反応がちょっぴり寂しい…(笑)

犬は生後1年でもう立派な大人です。 それを考えると、人の1年と犬の1年で時の長さは違うのかもしれませ …

盲目となって公園に捨てられ、妊娠した形跡もあった犬が手にできた幸せとは!?

盲目の捨てられた犬 人間側の勝手な都合で、ペットの面倒を見切れずに道端へ捨てるなどということは、 決 …

気になる場所があってそこから動かないワンちゃんが車にとって邪魔だった結果、爆笑展開に(笑)

気になる場所があり、そこから動こうとしないワンちゃん!しかし車にとって邪魔だった結果、爆笑展開が待っていた(笑)

家族が増えて嬉しくて嬉しくて…(笑)新入りの子犬にハイテンションのゴールデンレトリーバー!

ゴールデンレトリーバーの「トビー」はお部屋を、行ったり来たりなんだか落ち着きがありません。 しかしな …

PREV : 休んでも疲れがとれない人へ→自分で押せる「脳の再起動ボタン」を知ってますか?
認知症を患った人々が店員を務める「注文を間違える料理店」が話題に! : NEXT