Lenon


Lenonをフォローしよう!


ある日いきなり寝たきりだった愛犬が立った!すぐさま飼い主の男性は犬をある場所へ連れて行った・・・


キーファ

飼い主の名前はstaynkinsさん。

愛犬の名前は「キーファ」といいます。

数年前からキーファは重い病気にかかっており、2年前には両目を摘出する手術を受けました。

両目の手術を無事に終えたキーファ。

しかしそれから彼は徐々に弱っていき、今年の4月にはほとんど歩けなくなってしまいました。

段々と弱っていくキーファを見て、staynkinsさんはやるせない気持ちを抱えてしまいます。

しかし、そんな彼らにある変化が訪れました。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

慎重に近づいた時、動かない動物の弱い息遣いに気づいた男性→そして男性がとった行動とは…!?

マサチューセッツ州のファルマスという小さな町がありました。 その街を散歩していた男性が見つけたのは、 …

木に縛られた「オランウータン」という名の『商品』!その目には絶望しか映っていなかった・・・

オランウータンは現在、絶滅の危機にさらされている動物の一種です。 主な原因は熱帯林の違法な伐採や、農 …

ご飯!!夕食の時間が近づくと発せられる猫の無言の圧力に屈服不可避!ま、参りました〜w

Twitterユーザーのブウフウさん(@booflan)は、ブウちゃんという猫を飼っています。 フー …

飼い主と死別して行き場を失った犬を救ったのは仲の良い配達員だった・・・

ピットブルのレオは、飼い主のティナさんとカリフォルニア州のランチョ・クカモンガに暮らしていました。 …

ハヤブサの完全に野生をどこかへと置き忘れたに違いない表情をご覧ください…(笑)

今回ご紹介するハヤブサの野生は一体どこへやら…?イメージが覆されること間違いなしな表情をご覧ください・・・(笑)

PREV : 休んでも疲れがとれない人へ→自分で押せる「脳の再起動ボタン」を知ってますか?
認知症を患った人々が店員を務める「注文を間違える料理店」が話題に! : NEXT