Lenon


Lenonをフォローしよう!


2匹の犬は殺処分に怯える毎日を送っていた!お互いを守るように抱き合う彼らに救いの手が差し出される・・・


殺処分ゼロを目標に、動物保護活動に取り組む人は世界中に多く存在します。

しかし、殺処分が完全にゼロの国は未だ存在しません。

愛犬家の多いドイツでも、やむを得ない場合は保護犬を安楽死させることがあるようです。

安易に殺処分をすることはありませんが、

人間のわがままで命を奪われている動物はなかなか後を絶ちません。

アメリカのテキサス州にある、殺処分率の高い保護シェルターに収容された2匹の犬がいました。

殺処分に怯えながらもお互いを気遣い励まし合う彼らの健気な姿は、一人の女性のハートを揺さぶりました。

詳細は次のページでご覧いただけます。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

母親に見捨てられた子鹿が人間の優しさに触れたことで再び家族の元に帰るまでの記録に心温まる…!

動物界はとてもシビアなのでしょうか。 足が悪いというだけで母親に子鹿は捨てられます。 しかし、その子 …

「もう戦わなくていいんだよ…」闘犬としてひどい扱いをされてきたピットブルが初めて人の手が優しいことに気付いた瞬間に涙…!

みなさんは「ピットブル」と言う犬をご存知ですか? その闘争心と闘争能力は日本の闘犬界の横綱とも言われ …

221匹もの動物を救ったあるペットショップのユニークな里親探しが話題に!

犬は飼ったら、その一生を面倒見るつもりで飼わなければいけません。 買った瞬間から長い付き合いが始まり …

ただのギャンブルじゃない!優勝馬に寄り添い、涙する男性の正体は?これを見れば競馬のイメージが大きく変わる…!

第77回桜花賞 競馬をよく知らない人にとっての競馬とは、単なる『ギャンブル』のイメージが強いのではな …

猛吹雪の中路上に取り残された子猫の姉妹を待っていたのは猫のお父さんと犬のお母さんだった・・・

弱った動物を保護した経験のある人は多いと思います。 保護した動物が人間でいう成人ならば世話は比較的楽 …

PREV : 蚊の侵入を防ぐことができる正しい「網戸の位置」がこちら!だからあなたの家には蚊が居続けるのです・・・
ホームレスに朝食を買ってあげた若い母親!別れ際に彼のメモを受け取り、思わず言葉を失った・・・ : NEXT