Lenon


Lenonをフォローしよう!


最大の激戦地アレッポで、たった1人で猫を保護し続ける男性の勇敢な姿に世界中の人々が感動・・・


激戦地での保護活動

シリアの内戦で激戦地となったアレッポの町。

そこで身の危険を顧みず、猫の保護活動を続けている男性がいました。

人々は避難し、後にはペットだった猫が置き去りにされていました。

アラーという名の男性はそんな置き去りにされた猫たちや野良猫たちに心を痛め、

2011年からたった1人で保護活動を続けてきたのです。

その勇敢な姿は海外メディアにも取り上げられ、

彼はいつの頃からか「キャットマン」と呼ばれるようになりました。

アラーさんの猫の保護活動に対する決意とはどんなものなのでしょう。

気になる方は次のページを是非ご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ご主人様の指捕まえたニャ!」飼い主さんとの意思疎通を図る天使のような子猫がたまらない・・・

飼い主との意思疎通を、小さいながらも一生懸命している子猫ちゃんにキュン! 今にも、飼い主さんに飛びつ …

闘犬を鍛えるための「餌食」として扱われていた犬が愛情に触れたことで笑顔を取り戻す!

闘犬の餌食 アメリカのテキサス州で、去年の7月にとある民家から14匹の犬が保護されました。 その民家 …

ズッコケ3人組、柴犬バージョンの天然すぎる1匹をご覧ください!(笑)

あの素朴な可愛らしさで人気のある「柴犬」ですが、 今は日本だけではなく海外でも「shiba」の愛称で …

信仰よりも溺れた犬の命を優先させ、感動を呼んだ男性の勇気ある行動とは?

日本人は、あまり宗教上のルールに縛られて生活する人は少ないと思います。 しかし海外では、宗教上食べて …

ルンバに乗った柴犬がそのままどこかに消えた!?なんともシュールな光景(笑)

犬は時々人間の想像を超えることをします。 犬のイタズラは人を大いに笑わせてくれますね。 彼らは人の思 …

PREV : 母親の死に直面した13歳の少年の決心!死を乗り越えた母は4年後、このブラを見て涙を抑えられなかった・・・
1分間タオルを持ったまま回り続ける→2週間後の結果を彼女は信じられなかった…! : NEXT