Lenon


Lenonをフォローしよう!


「いらない」と言われて捨てられた犬が超人気女優との出会いを経て大スターになる逆転物語がこちら!


この子はいらない

今から2ヶ月ほど前、

ロサンゼルスの「Love Leo Rescue」というアニマルシェルターに1匹の子犬が持ち込まれました。

飼い主は「この子が生まれてくることは望んでいなかった」と、

身勝手な理由で子犬をシェルターに置いていきました。

シェルターのスタッフに『モヒート』と名付けられた子犬は、

シェルターで暮らしながら優しい里親を待ち続けることになりました。

飼い主に捨てられてひとりぼっちのモヒートでしたが、

新しい家族ができることを信じて彼は前向きに生き続けました。

要らないとまで言われたモヒートは、その後どうなったのでしょう?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

パウダースノーにハシャギまくりの子犬軍団!その数はなんと・・・

パウダースノーを見て、子犬軍団がハシャギまくっているようです!かなりの数いるようですがその数はなんと…!詳細はこちら・・・

足が3本しかない猫!しかし、誰よりも強靭なハートを持っています・・・

3本足の猫 あるカップルがアメリカのラスベガス郊外にある「レッドロックキャニオン国立保護区」を訪れ、 …

休みの日のオッサン?はたまた出荷される魚!?飼育員の手作りベッドでぐで〜っと横になるカワウソが笑える!

動物園や水族館でも、「かわいい~!」と声があがる動物「カワウソ」。 施設によっては水の中に潜っている …

シェルターで1人寂しく暮らしていた犬が1枚の写真とネットの力によって運命的な出会いを手にする!

絶望するフランク ボルチモアのシェルターで、フランクという名前の1匹の犬が人生に絶望していました。 …

ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!

今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、 歩くことができなくな …

PREV : 大人に解かせたら正解率たったの12%だった正方形の面積を求める小学校4年生レベルの問題がこちら!
この最高の技を知るまで、スマホですることなんてメールとLINEだけだった・・・ : NEXT