車にはねられて下半身不随になった野良犬が1人の旅行者と出会って笑顔と自由を手に入れる! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


車にはねられて下半身不随になった野良犬が1人の旅行者と出会って笑顔と自由を手に入れる!


アメリカへ…

「この子にはまだ未来があるのに・・・」

獣医師の冷たい反応にナンシーさんは心を痛めました。

そして彼女は悩んだ末に、この犬をアメリカに連れて帰ることを決断しました。

「二度と歩くことができなくても私が一生支えてみせる」

ナンシーさんはこのように決心しました。

ナンシーさんは動物愛護団体の助けを借りて輸送の手続きを進め、

自宅のあるカルフォルニア州へ犬と共に帰りました。

車椅子か安楽死か

帰国して犬を動物病院へ連れていきましたが、

診察をした獣医師は犬を安楽死させるか、車椅子を与えるかの二択を迫ってきました。

犬は脊椎が折れていて歩くことができなくなっていたのです。

ナンシーさんは迷わず車椅子を購入し、その後も犬を支えることを決めました。

犬は車椅子を与えられると元気に歩き始めたそうです。

現在のふたり

ナンシーさんと出会ってから十数年が経った今でも、犬は車椅子で元気に暮らしています。

一方ナンシーさんは現在、

「Romania animal Rescue(ルーマニア・アニマル・レスキュー)」という動物保護施設を運営しており、

主に西ヨーロッパに住む野良犬や野良猫たちに去勢・避妊手術を施す活動を行なっています。

これ以上不幸な動物を増やさないようにと毎日動物の保護活動を続けているナンシーさん。

そんなナンシーさんの元で、この犬はこの先も彼女の温かい愛に包まれて幸せに暮らしていくでしょう。

ハンデイキャップを抱えていても頑張って生きていってほしいですね。

【関連記事】

生まれつき足のないハスキー犬!絶望していた犬が家族と車いすを手に入れると・・・

立つことすらままならないハンデを抱えたハスキー犬→車いすで克服し、世界中を駆け回る…!

誰よりも自由に…飼い主と一緒に世界中を旅する車イスのワンちゃんの姿に心打たれる・・・

「虐待だなんて言わないで!」犬を飼っている人がみんなに知ってほしい病気や症状がこちら・・・

多くの障害を抱えながら1年半強く生き抜いた犬が天国へ…彼の生涯は多くの人々の愛で支えられていました・・・

出典:boredpanda



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

どんなに悲惨な状態でも人間に愛情を示し続けた猫に待っていた運命の出会いとは?

どんなに悲惨な状態であっても、決して人間への愛情を示すことを忘れないでいた猫に運命の出会いがやってきた!詳細はこちら・・・

ガレージでびしょ濡れ状態の子猫3匹を発見!助けてもらった人の家で安心したようで・・・

大変! ある日のことです。 ガレージで子猫が雨に打たれて鳴いていました。 かなりびしょ濡れです。 目 …

「ワレワレハ宇宙人デシタ」正体がバレてUFOで故郷の星へ帰される犬と猫10選(笑)

日本の昔話に『かぐや姫』または『竹取物語』というお話があります。 光っている竹をお爺さんが切るとそこ …

愛猫を慰めるために猫とお揃いのエリザベルカラーを着ける男性にほっこり・・・

レンガーと飼い主 今回ご紹介するのは、飼い主さんの男性と強い絆で結ばれている猫についいてのお話です。 …

ネグレクトで心も体も傷つき、電話ボックスに閉じ込められてもこの犬は生きることを諦めなかった・・・

南ロンドンに住むエマ・センプルさんと言う女性は、小さな動物保護団体を運営していました。 そんな彼女の …

PREV : 「何もできないという価値」とある母親の綴った文章がテレビで取り上げられて話題に!
自閉症で休学している妹を「家ばかりで暇だろぉ」と嘲笑った教師!翌日、小学生の兄がとった行動に胸が熱くなる・・・ : NEXT