Lenon


Lenonをフォローしよう!


車にはねられて下半身不随になった野良犬が1人の旅行者と出会って笑顔と自由を手に入れる!


アメリカ出身のナンシー・ジェーンズさんは今から十数年前、

旅行先のルーマニアで1匹の野良犬に出会いました。

まだ子犬だったその犬は後ろ足に大怪我をしていて、道路を這うようにして移動していたといいます。

犬はそんな状態で、食べ物や隠れる場所を求めてもがいていたのです。

犬は車に轢かれてしまったようでした。

「私が助けてあげないとこの子はいずれ死んでしまう」

ナンシーさんはそう考え、その犬を抱きかかえて近くの動物病院へ向かいました。

しかし、診察をした獣医はこの犬はもう二度と歩けないと診断し、治療を拒んだというのです。

この犬はどうなってしまうのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主が死んだ後に放置された結果、毛玉が巨大化しすぎて大変なことになった猫!

アメリカのペンシルベニア州にある「Animal Rescue League Shelter &amp …

猫にご飯をあげ忘れて車に乗らないでください!たとえ遅刻ギリギリな朝でもこんな目に遭います・・・

みなさんは、猫にご飯をあげ忘れたまま車に乗り込んでしまった経験はありますか? 海外の掲示板であるRe …

犬が毎朝いそいそとベッドを運んでいた理由に呆れつつも癒されます・・・

朝起きた1匹のワンちゃん。 このワンちゃんが毎朝欠かさず行っていることは、自分のベッドを移動させるこ …

リオ五輪の本番3日前に愛馬の顔が腫れ上がってしまった→当日、観客とカメラが見守る中で馬主が下した決断に数百万人が涙した…!

アデリンデ・コーネリッセン選手(36歳)はオランダ人で馬場馬術という競技の選手です。 ヨーロッパ選手 …

肩に手を置く姿がとても可愛い仲良しの野生のオオヤマネコの兄弟をご覧ください…!

オオヤマネコ オオヤマネコは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、 主にヨーロッパやシベリアな …

PREV : 「何もできないという価値」とある母親の綴った文章がテレビで取り上げられて話題に!
自閉症で休学している妹を「家ばかりで暇だろぉ」と嘲笑った教師!翌日、小学生の兄がとった行動に胸が熱くなる・・・ : NEXT