Lenon


Lenonをフォローしよう!


車にはねられて下半身不随になった野良犬が1人の旅行者と出会って笑顔と自由を手に入れる!


アメリカ出身のナンシー・ジェーンズさんは今から十数年前、

旅行先のルーマニアで1匹の野良犬に出会いました。

まだ子犬だったその犬は後ろ足に大怪我をしていて、道路を這うようにして移動していたといいます。

犬はそんな状態で、食べ物や隠れる場所を求めてもがいていたのです。

犬は車に轢かれてしまったようでした。

「私が助けてあげないとこの子はいずれ死んでしまう」

ナンシーさんはそう考え、その犬を抱きかかえて近くの動物病院へ向かいました。

しかし、診察をした獣医はこの犬はもう二度と歩けないと診断し、治療を拒んだというのです。

この犬はどうなってしまうのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

生まれつきまぶたが無い2匹の野良猫→6ヶ月後に見せてくれた笑顔はとても素敵なものだった…!

皆さんは猫は好きですか? 猫は良いですよね。 何を考えているのかわからない、素っ気ない態度をとったり …

「行くよワンちゃん!」動物が相棒を乗りこなす!?騎手のような動物10選(笑)

人間は馬を馴らして乗りこなします。 いわゆる「乗馬」ですが、他の動物を乗りこなして前に進んで行くのは …

路上に捨てられた2匹→まだ子犬なのにさらに小さい子犬をしっかり抱きしめる姿に胸が締め付けられる…!

これは、ベトナムのホーチミン市で起こった出来事です。 ある街の隅に子犬が2匹いました。 1匹の子犬が …

犬の背丈ほど雪が降り積もり、動けなくなってしまった犬を助けたのは・・・!

動物たちが自分の仲間を助ける姿は、時に私たちに感動を与えます。 草食動物の子どもが肉食動物に狙われた …

野良猫がいつしか犬小屋に居候するように!さらに子猫までをも出産した結果・・・

犬小屋に居ついた野良猫と飼い犬。 というちょっと変わった組み合わせのすごく可愛いお話をご存知でしょう …

PREV : 「何もできないという価値」とある母親の綴った文章がテレビで取り上げられて話題に!
自閉症で休学している妹を「家ばかりで暇だろぉ」と嘲笑った教師!翌日、小学生の兄がとった行動に胸が熱くなる・・・ : NEXT