Lenon


Lenonをフォローしよう!


「バカ犬じゃない、バカ親だ」犬のしつけができていない親を一蹴した町内会長の一言に考えさせられる…!


可愛いだけじゃダメ

「犬を飼う」ということは、とても責任のあることです。

ただ愛でて甘やかせば良いというわけではありません。

飼い主からすれば可愛らしい愛すべき家族ですが、ご近所さんからしたらどうでしょう?

もちろん無駄吠えなどせず、

きちんと飼い主が管理できている犬なら近所の方とのトラブルなんてほぼ皆無でしょう。

しかし、きちんと躾のできていない犬でしたらご近所のとの関係悪化は時間の問題です。

今回ご紹介するのは、とある地域に住んでいる家の奥さん。

Aさんとしましょう。

Aさんはとても動物好きで、野良犬を見つけると「可哀想!家においで!」と飼っていました。

そんなAさん、ご近所からは良く思われていなかったようです…。

その理由とは?

気になる方は次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

2匹の犬は殺処分に怯える毎日を送っていた!お互いを守るように抱き合う彼らに救いの手が差し出される・・・

殺処分ゼロを目標に、動物保護活動に取り組む人は世界中に多く存在します。 しかし、殺処分が完全にゼロの …

子猫を閉じ込められていた壁から救出→後日、母猫と兄弟も発見するが実は家族みんな指の数が普通と違う猫たちだった!

動物の赤ちゃんって、無条件に可愛いですよね! よくテレビでも動物の番組があるとついつい見てしまいます …

ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!

今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、 歩くことができなくな …

愛猫を心配した12歳の少女が獣医に宛てた「助けて、獣医さん!」というメッセージに感動の声続々!

ちょっと目を離した隙に思いもよらぬ行動をとってしまうという経験を、 犬や猫などのペットを飼っている人 …

捨てられていた柴犬のキンタちゃんは周りが笑うとつられて笑顔に…その笑顔は世界中の人々を虜にした!

動物も、顔の表情を見ていれば彼らが何を考えているのかよくわかりますね。 愛されている犬や猫は、表情も …

PREV : 壁に画鋲で穴が空いてしまった時はこうすれば簡単に塞ぐことができる!
11歳の哲学者・中島芭旺くんが天才児だと話題に!少年は一体何者なのか・・・? : NEXT