Lenon


Lenonをフォローしよう!


「誰か引き取って」犬の里親募集に応えたのはなんとダルビッシュ有!その結果・・・


ダルビッシュが里親に!

今回ご紹介するエピソードは、

ペットの命についてメージャーリーグで活躍するダルビッシュ有選手がとった行動とコメントについてです。

2017年4月27日、Twitterにて飼い主が何らかの事情で飼い犬を手放さなければならなくなり、

里親さんが現れなければその犬は収容所にいかなければならないという投稿がなされました。

写真の犬には、どことなく寂しそうな雰囲気が漂っています。

このTwitterを見たダルビッシュ選手は翌日にはこの犬を引き取り、

Twitterにその事を報告する短い文と庭で寛ぐ犬の写真を投稿しました。

実は、ダルビッシュ選手はすでに保護犬を家族に迎えており、自宅には5匹の犬がいます。

またダルビッシュ選手は犬の保護活動にも熱心で、ボランティア団体に多額の寄付をしています。

称賛の声続々!

知名度の高いダルビッシュ選手が里親になったことで、

今回の里親募集のエピソードはアメリカで大きな話題となりました。

そして、ダルビッシュ選手の行動に対して称賛の声が寄せられています。

ダルビッシュ選手はこうした事態についてアメリカの報道陣に、

「里親が現れなければ、この犬はどうなるのかという思いが頭から離れなかった」と語っています。

さらにダルビッシュ選手は犬を飼うことについて、

「自分の犬は自分で世話をする」という意識が大切だとコメントしました。

ダルビッシュ選手の決意と行動、報道陣へのコメントは本当に素敵です。

「自分の犬は自分で世話をする」というコメントは、犬を飼うことにしていての大切なポイントです。

ダルビッシュ選手のような有名な人の言動は多くの人々に影響を与えるので、

今回のエピソードで犬を飼うことについての責任の重さと覚悟の大切さを再認識してもらえると良いですね。

【関連記事】

ダレノガレ明美が野良猫を保護→その猫には仰天事実が!批判にも負けない姿勢に心揺さぶられる・・・

「人じゃない」WBCでホームランを無効にしてしまった少年を叩く人々にウーマン村本が大反論!

あの日の約束を果たすため、『ONE PIECE』が熊本地震からの復興を全面的に支援!その詳細がこちら・・・

コメディアンが作った里親募集のために作ったユニークな張り紙の発想力に脱帽!

ペット販売から里親贈与企業へ転換した「ペットを売らないペットショップ」が話題に!

出典:Twitter/Twitter



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

保護施設でこの子猫は決死のアピールを繰り出した→念願叶って新しい家族を手にすると、もう笑顔がとめどなく溢れる!

アメリカ・ユタ州の動物保護施設、『ベスト・フレンド・アニマル・ソサイエティー』に内気な子猫がいました …

子猫さん、カステラの箱でご満悦・・・でも大人になると好みも大人に!?

このうっとりとした子猫さん…。 カステラ一本分にすっぽりと収まるこの感じが気持ち良いのでしょうか? …

犬の悲しみがあまりにも伝わりすぎる写真がFacebookに投稿された!数日後、その犬の運命は大きく変わった・・・

Facebookに投稿されたその写真からは、犬の悲しみがあまりにも伝わりすぎていた!数日後、犬の運命は大きく変わった・・・

子猫を閉じ込められていた壁から救出→後日、母猫と兄弟も発見するが実は家族みんな指の数が普通と違う猫たちだった!

動物の赤ちゃんって、無条件に可愛いですよね! よくテレビでも動物の番組があるとついつい見てしまいます …

置き手紙によるとこの18歳の老猫は「最善の方法」の下に飼い主に捨てられていた→保護施設のスタッフは必ず里親を見つけると決心する…!

ある日の朝、動物の保護施設である「カーショー郡動物愛護協会」の前に1匹の黒い老猫が現れました。 老猫 …

PREV : 「言葉の通じない外人は後回しにしろ」というクレームに毅然と正論を返した駅員に心揺さぶられる…!
出勤が立て込んで昼も夜も食事が取れない救急隊員に市民が唖然としてしまうようなクレーム!車内でしていた事とは? : NEXT