Lenon


Lenonをフォローしよう!


幼い少女を母親だと信じ込み、そばを離れなくなった1羽のアヒルの物語!


インプリンティグ(刷り込み)という言葉がります。

鳥の雛たちが生まれて初めて目にした動くものを、自分の親だと思い込んでしまう本能のことです。

「スノーフレーク」と名付けられたアヒルは、生まれてすぐにある一家の家で保護されることになりました。

そこでスノーフレークはカイリーちゃんという当時5歳の女の子と出会い、

以来カイリーちゃんのことを自分の母親だと思い込むようになったのです。

人間の女の子を親だと思い込むようになったアヒルは、その後どのような生活を送っていくのでしょうか?

その模様を、次のページより詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ベスト・オブ・誰の猫?」飼っていないはずなのに猫がいた瞬間8選!

猫は足音を立てずに、いつの間にか側にいることがあります。 飼い猫なら良いのですが知らない猫がいつの間 …

ラブラドール犬がダウン症の男の子へ寄り添う→心が通じ合う瞬間、自然と涙が溢れる…!

古くから日本人にもペットとして親しまれている犬。 ペットを飼うといえば「犬」を連想する方も多いのでは …

茶トラ猫の兄弟は優しい女性に保護され、預かり先で最高に居心地の良い場所を手にした!

心優しい女性に保護された茶トラ猫の兄弟!そして預かり先で兄弟猫たちを待っていたのは、最高に居心地の良い場所だった・・・

後ろ足が動かなくなった子猫!もう一度自力で歩けるようになった姿に心震える・・・

ある日、子猫の『タリーランド』は庭にあった排水管の中で身動きがとれなくなっていました。 助けを求めて …

生まれてすぐに足を失ってしまったポニーへ贈られた義肢によってポニーが手に入れたものとは…?

「走ることが得意な動物といえば?」と質問すれば、多くの人が「馬」と答えるのではないでしょうか。 そん …

PREV : 首が太いと全身が太って見える!?ほっそりとした綺麗な首にする3つの方法がこちら!
何もぶつけたりしていないのに足の裏が痛い…!驚きの4つの正体とは? : NEXT