Lenon


Lenonをフォローしよう!


ひとりぼっちだったボブキャットの赤ちゃんが同じ身の上のボブキャットと出会ったことで前を向くようになる…!


1年前のことです。

アメリカのフロリダ州にある野生動物保護施設で、

今にも死にそうな状態で民家の庭に現れた野生のボブキャットが保護されました。

この子は女の子で兄弟と共に保護されたのですが、

残念ながら兄弟の方は保護されて間も無く亡くなってしまったのだそうです。

施設で治療を受けて奇跡的に一命を取り留めたボブキャットでしたが、

兄弟を亡くしたことで日に日に元気を無くしていきました。

ボブキャットは寂しがりやな性格です。

このように兄弟や母親を亡くしたボブキャットは元気をなくし、

そのまま死んでしまうといった場合もあるそうです。

せっかく生きながらえた命を救えるのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ずっと引き取ってもらえずにいた耳のない老猫に”運命の”里親さんが現れる!

猫は大人になると、引き取り手が少なくなります。 まして老猫で障害があるとなおさらです。 ところが、猫 …

鉄道の線路内でサルが感電!仲間のサルたちの懸命な救助活動に心揺さぶられる・・・

インド鉄道の線路内でサルたちが侵入したことにより、 侵入したサルの1匹が感電してしまい、意識を失って …

トラック運転手の目の前に突然現れた野生動物が訴えたかった事とは…?

あるトラック運転手がトラックを運転していたところ、目の前に突如として野生動物が出現!この動物が訴えたかった事とは…?

捨てられていたイチゴ風味の飲み物を子グマが口にした結果、哀しい出来事の引き金となる…!

知床国立公園 知床は日本の最東北端に位置しており、そこには知床国立公園があります。 その公園ではヒグ …

体の3分の1はある腫瘍を抱えた犬の絶望的な未来に希望をもたらしたものに涙・・・

ギルバートの悪性腫瘍 ギルバートは、アメリカのニューメキシコ州で保護された犬です。 彼が悲しげな表情 …

PREV : 母親を交通事故で亡くした孤児の子ギツネと母親代わりになった犬の胸が熱くなるエピソード!
ヤマト運輸が値上げとサービスの縮小を発表しても不満の声が少ないのは東日本大震災の時の活躍があったから! : NEXT