Lenon


Lenonをフォローしよう!


ひとりぼっちだったボブキャットの赤ちゃんが同じ身の上のボブキャットと出会ったことで前を向くようになる…!


1年前のことです。

アメリカのフロリダ州にある野生動物保護施設で、

今にも死にそうな状態で民家の庭に現れた野生のボブキャットが保護されました。

この子は女の子で兄弟と共に保護されたのですが、

残念ながら兄弟の方は保護されて間も無く亡くなってしまったのだそうです。

施設で治療を受けて奇跡的に一命を取り留めたボブキャットでしたが、

兄弟を亡くしたことで日に日に元気を無くしていきました。

ボブキャットは寂しがりやな性格です。

このように兄弟や母親を亡くしたボブキャットは元気をなくし、

そのまま死んでしまうといった場合もあるそうです。

せっかく生きながらえた命を救えるのでしょうか。

気になる方は次のページをご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

犬は雪にテンションが上がりすぎて猫の頭をズボーッとしてしまいました!災難だけど笑える(笑)

有名な童謡『雪やこんこん』のように雪の中を楽しく駆け回る犬は見かけますが、 雪の中で楽しそうな猫はあ …

引っ越すため、一時的に隣人に愛犬を預けた女性→しかしその行為が愛犬を不幸にさせてしまう…!

テッサと手紙 先日、イギリスはサウスヨークシャーの道端で1匹の犬が捨てられていました。 その犬はすぐ …

飼い主のお腹にいる赤ちゃんを守り続ける猫!その赤ちゃんが生まれて嬉しくなった猫は・・・

レイブンさんは動物保護施設から「アドミラル」という5歳の猫を引き取りました。 その後、彼女のお腹に新 …

感動!最後の別れを告げるために病院に来た馬「おじいさん、今までありがとう。」

最愛の人との別れは、とても悲しいものです。 その気持ちは何ものにも代えがたく、そしてそれは人間も動物 …

猫専用の通路に大きな障害物(犬)何としても通りたかった猫の優しい対応がこちら!

猫を飼っているお家の扉や壁によくある、猫用の小さな通路。 猫を飼っているあるお宅にも、そうした通路が …

PREV : 母親を交通事故で亡くした孤児の子ギツネと母親代わりになった犬の胸が熱くなるエピソード!
ヤマト運輸が値上げとサービスの縮小を発表しても不満の声が少ないのは東日本大震災の時の活躍があったから! : NEXT