Lenon


Lenonをフォローしよう!


3度の出産と劣悪な環境…母犬の我が子を思う悲痛な願いに涙が止まらない・・・


アメリカのノースカロライナ州に、産後まもないメス犬がいました。

この犬は名前を「ナナ」といいました。

ナナは4歳ですが、3年以上を鎖で繋がれた状態で家の外で過ごしました。

劣悪な生活

ナナの生活は飼い主からの愛情を受けることのない劣悪な生活でした。

そんな中でナナは出産を2度経験しました。

初めての出産の時、生まれた子犬たちはみな命を落としてしまいました。

2度目の出産でどうにか1匹だけは生き残りましたが、生き残った1匹の娘にも悲劇は及びました。

娘も同じように鎖に繋がれ、お互い触れ合うこともできませんでした。

さらに、娘はまだ生後半年でありながら妊娠した状態でした。

自分だけではなく、

大切な娘までもつらい境遇に置かれてしまったナナはこれからどうして生きて行くのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

モフモフな子犬と子猫のヨチヨチ歩きが可愛い!仲良し2匹が遊ぶ光景にキュン・・・

生まれたばかりの子犬と子猫、どちらも可愛いですね。 特に子犬ちゃんは、長い毛がモフモフして抱きしめて …

施設に保護されてからずっと支え合ってきた親友と1か月ぶりの再会を果たしたオマキザル→その時の表情に2匹の強い絆を感じずにはいられない!

皆さんはサルを見たことはありますか? 人間の祖先というだけあってとても賢い動物で、 おそらく多くの人 …

男性が瀕死の状態で助けてくれたので、お礼に?ハチドリが家に住みつきました!

ハチドリは、鳥の仲間で最も小さく、羽を高速ではばたいて移動します。 別名ハミングバードとも呼ばれてい …

出産間近のヤギを優しく労わる猫→お腹をマッサージするその姿はプロの助産師そのもの!

異種動物が仲良くしている光景を目の当たりにした時、 恋や友情に種族は関係ないと改めて気づくことがあり …

レバノンの女性モデルが愛犬を死亡例もある染料でピンク色に染め上げ、世界中から非難殺到!「動物を保護したい」発言をどう思いますか?

皆さんは犬は好きですか? 犬派や猫派など、様々な人がいると思いますが、筆者は犬も猫もどっちも大好きで …

PREV : テニスの試合が終わると負けた選手が握手もせずに走り去った!その理由に会場の誰もが感動・・・
ダムの上からボールを落とした結果…→変化球のメカニズムを確かめる実験に目が点! : NEXT