Lenon


Lenonをフォローしよう!


3度の出産と劣悪な環境…母犬の我が子を思う悲痛な願いに涙が止まらない・・・


アメリカのノースカロライナ州に、産後まもないメス犬がいました。

この犬は名前を「ナナ」といいました。

ナナは4歳ですが、3年以上を鎖で繋がれた状態で家の外で過ごしました。

劣悪な生活

ナナの生活は飼い主からの愛情を受けることのない劣悪な生活でした。

そんな中でナナは出産を2度経験しました。

初めての出産の時、生まれた子犬たちはみな命を落としてしまいました。

2度目の出産でどうにか1匹だけは生き残りましたが、生き残った1匹の娘にも悲劇は及びました。

娘も同じように鎖に繋がれ、お互い触れ合うこともできませんでした。

さらに、娘はまだ生後半年でありながら妊娠した状態でした。

自分だけではなく、

大切な娘までもつらい境遇に置かれてしまったナナはこれからどうして生きて行くのでしょう。

気になる方は次のページをご覧ください。


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「飼い猫を手放したら復縁してあげる」元カノにこう言われた男性が言い放った一言にスカッとする!

復縁の条件 画像共有サイト『Imgur』ユーザーのvoiceafxさんは、宗教上の違いから彼女と別れ …

お父さんが帰宅した時とお母さんが帰宅した時で愛犬の反応が違う?→予想以上の露骨な違いに落ち込む(笑)

ワンちゃんや猫ちゃんと一緒に暮らしていると、 家に帰って来た時にお出迎えをしてくれることがありますよ …

動物愛護団体が考えた『花火や雷に怯える愛犬を落ち着かせる方法』が効果抜群だと話題に!

花火や雷に怯える犬は、かなりいるようですね。 我が家の北海道犬も普段は強気なわがまま犬ですが、近くで …

体がノミだらけで、たった1匹で苦しみながら彷徨っていた子猫が保護されて見違えるような姿に!

彷徨う子猫 路上で1匹彷徨っていた子猫。 その姿はあまりにも小さく、その身体にはノミが住み着き、被毛 …

大好きな飼い主さんに叱られちゃった…反省したワンちゃんの「ごめんなさい」に飼い主さんも思わずぎゅっ!

叱られちゃった… 今回のエピソードの主役は飼い主さんに叱られたワンちゃんです。 こちらのラブラドール …

PREV : テニスの試合が終わると負けた選手が握手もせずに走り去った!その理由に会場の誰もが感動・・・
ダムの上からボールを落とした結果…→変化球のメカニズムを確かめる実験に目が点! : NEXT