Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛犬の安楽死を決めた飼い主が「最期の散歩」を呼び掛ける→胸が熱くなる光景が待っていた…!


イギリスの南西部に住んでいるマーク・ウッズさんは、あるつらい決断をしました。

18歳と高齢になる愛犬のウォルナットを、重い病のために安楽死させることにしたのです。

そこで、ウッズさんはウォルナットに楽しい思い出を残したいと思い、Facebookで呼びかけました。

「悲しいですが、ウォルナットの安楽死が11/12に行われることになりました。
9時30分から大好きなポーズビーチで、”最期の散歩”をしたいと思っています。
犬を愛する人、犬を飼っている人、友人たち…
どうかみんなで、ウォルナットを祝福し、一緒に散歩をしてやってくれませんか?
ウォルナットは18年もの間、私たちを愛し続けてくれ、永遠の眠りにつこうとしています。
土曜日に、皆さんとお会いできることを楽しみにしています」

そして当日、海岸に出かけると…。

それでは、ウッズさんとウォルナットが見た素晴らしい光景を次のページにてご覧ください!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

世界初!砂漠で目撃され、見事カメラに収められた野生の猫の貴重な写真をご覧ください・・・

スナネコ ネコ科動物を専門に研究している団体「Panthera France」は9月25日午前2時、 …

結婚前夜のパーティーに訪れた訪問犬→そこからつながる不思議なご縁・・・

ミッチェル・クラウドさんは、アメリカのテネシー州に住んでいます。 ミッチェルさんは結婚を明日に控え、 …

無の境地!?しかめっ面でひたすらダンボールをバシバシする怖カワイイ猫!

しかめっ面で鋭い眼光の猫 ダンボールの中から、しかめっ面で、鋭い眼光を投げかけてくる、アメリカンショ …

新潟のホームセンターの山積みにされたダンボールの中身に愕然→安売りされた動物たちを見過ごしてはいけない…!

新潟の某ホームセンターで行なわれたペットのセール販売の様子がFacebookに投稿されたのは、 20 …

虐待、そして監禁…人間にトラウマを抱えた犬が心を開いた瞬間の明るさに満ちた表情!

ニヤ アメリカのインディアナ州、ギブソン群。 そこにある動物保護シェルターに一匹の犬が運び込まれまし …

PREV : 質問「妻が両親の介護をしません」→ベストアンサー「簡単です」その内容が素晴らしすぎる!
GACKTが明かした『日本人が持っていない答え』に考えさせられる・・・ : NEXT