Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛犬の安楽死を決めた飼い主が「最期の散歩」を呼び掛ける→胸が熱くなる光景が待っていた…!


イギリスの南西部に住んでいるマーク・ウッズさんは、あるつらい決断をしました。

18歳と高齢になる愛犬のウォルナットを、重い病のために安楽死させることにしたのです。

そこで、ウッズさんはウォルナットに楽しい思い出を残したいと思い、Facebookで呼びかけました。

「悲しいですが、ウォルナットの安楽死が11/12に行われることになりました。
9時30分から大好きなポーズビーチで、”最期の散歩”をしたいと思っています。
犬を愛する人、犬を飼っている人、友人たち…
どうかみんなで、ウォルナットを祝福し、一緒に散歩をしてやってくれませんか?
ウォルナットは18年もの間、私たちを愛し続けてくれ、永遠の眠りにつこうとしています。
土曜日に、皆さんとお会いできることを楽しみにしています」

そして当日、海岸に出かけると…。

それでは、ウッズさんとウォルナットが見た素晴らしい光景を次のページにてご覧ください!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

野良犬は死と隣り合わせな場所で彷徨っていた→その後心を許した人間に感動的な姿を見せる…!

犬が飼い主に何らかの事情で捨てられてしまった場合、 彼らの命を脅かすものは交通事故ではないでしょうか …

悲しみに暮れる老犬はあまりにも身勝手な理由で捨てられ、施設にやって来た!そして2時間後・・・

老犬オックス 14歳の老犬オックスはある日、 飼い主さんの手によってアメリカのインディアナ州ハミルト …

「ボク達は死にたくない!」100秒に1匹が殺処分されているという現実…→ペットショップの前に保健所に行きませんか?

不幸な動物 世の中には様々な種類の動物がたくさんいます。 しかしその中には人間と同じく、 「幸せな動 …

保護猫のために役所に作られた「猫の部屋」のスペースのおかげで猫と人間、win-winな結果に!

近年になって動物愛護団体が増え、 また保護された捨て猫、野良猫が温かい里親の家に引き取られていく話題 …

ワンちゃんの散歩に行きたいアピールの可愛さが癖になってしまってタジタジ!

ワンちゃんの朝 ワンちゃんから飼い主さんへするおねだりの仕方は、ワンちゃんによって変わってきます。 …

PREV : 質問「妻が両親の介護をしません」→ベストアンサー「簡単です」その内容が素晴らしすぎる!
GACKTが明かした『日本人が持っていない答え』に考えさせられる・・・ : NEXT