Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛犬の安楽死を決めた飼い主が「最期の散歩」を呼び掛ける→胸が熱くなる光景が待っていた…!


イギリスの南西部に住んでいるマーク・ウッズさんは、あるつらい決断をしました。

18歳と高齢になる愛犬のウォルナットを、重い病のために安楽死させることにしたのです。

そこで、ウッズさんはウォルナットに楽しい思い出を残したいと思い、Facebookで呼びかけました。

「悲しいですが、ウォルナットの安楽死が11/12に行われることになりました。
9時30分から大好きなポーズビーチで、”最期の散歩”をしたいと思っています。
犬を愛する人、犬を飼っている人、友人たち…
どうかみんなで、ウォルナットを祝福し、一緒に散歩をしてやってくれませんか?
ウォルナットは18年もの間、私たちを愛し続けてくれ、永遠の眠りにつこうとしています。
土曜日に、皆さんとお会いできることを楽しみにしています」

そして当日、海岸に出かけると…。

それでは、ウッズさんとウォルナットが見た素晴らしい光景を次のページにてご覧ください!

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

フクロウと犬!いつも一緒にいる1匹と1羽を収めたストーリー性あふれる幻想的なショットが感動的・・・

共存 最近は違う種族の動物同士が仲良くしている写真が多いですよね。 インコと猫のショットなどは、獲物 …

2年前に愛するの夫を亡くして悲しみに暮れていたおばあさんを救ったのは大嫌いなはずの猫だった…!

50年連れ添った最愛の旦那を2年前に亡くした女性、 ルリアさんは旦那の死後ずっと悲しみに明け暮れてい …

マイナス20度の中に2日間も置き去りにされた2歳の男の子!それでも無事だったのは2日間ずっと温め続けた飼い犬のおかげだった・・・

2017年2月11日、イギリスのフリーペーパー「Metro」にある事件が掲載されていました。 その事 …

キツネと犬は、保護されたもの同士→今では、 あまりにも仲が良すぎて、こんなに幸せそうな表情に…!

アカギツネのジュニパーは生後5週間目に保護されて、 ジェシカさん宅へ住むことになりました。 実は、ジ …

どうしてそうなった!?ゴミ収集車で運ばれるアライグマがシュール過ぎる!

ゴミを荒らす動物の代名詞ともいえるカラスの知能は大変高く、オラウータンを凌ぐと言われています。 賢い …

PREV : 質問「妻が両親の介護をしません」→ベストアンサー「簡単です」その内容が素晴らしすぎる!
GACKTが明かした『日本人が持っていない答え』に考えさせられる・・・ : NEXT