Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛犬の安楽死を決めた飼い主が「最期の散歩」を呼び掛ける→胸が熱くなる光景が待っていた…!


イギリスの南西部に住んでいるマーク・ウッズさんは、あるつらい決断をしました。

18歳と高齢になる愛犬のウォルナットを、重い病のために安楽死させることにしたのです。

そこで、ウッズさんはウォルナットに楽しい思い出を残したいと思い、Facebookで呼びかけました。

「悲しいですが、ウォルナットの安楽死が11/12に行われることになりました。
9時30分から大好きなポーズビーチで、”最期の散歩”をしたいと思っています。
犬を愛する人、犬を飼っている人、友人たち…
どうかみんなで、ウォルナットを祝福し、一緒に散歩をしてやってくれませんか?
ウォルナットは18年もの間、私たちを愛し続けてくれ、永遠の眠りにつこうとしています。
土曜日に、皆さんとお会いできることを楽しみにしています」

そして当日、海岸に出かけると…。

それでは、ウッズさんとウォルナットが見た素晴らしい光景を次のページにてご覧ください!




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

心を閉ざした柴犬とそれに心が折れかけていた飼い主がようやく絆で繋がった瞬間に涙…!

心を閉ざした柴犬と、そんな柴犬の行動に心が折れかけていた飼い主!そんなふたりがようやく絆で繋がった瞬間に涙が止まらない・・・

愛犬の死を目の当たりにした6歳の少年が動物の命が人より短い理由を答えた→その回答に涙が止まらない…!

犬は生後1年で人の年齢に換算すると約20歳に相当するようです。 たった1年でもう大人なのですね。 後 …

見事な協力体制!外で遊んでいたワンちゃんたちが連携プレーで家に入ってくる様子に思わずほっこり・・・

日本犬で一番飼われている種類は「柴犬」です。 なんと80%はこの犬種なのだとか。 小型で賢く、無駄吠 …

死にかけていたライオンが愛を手に入れて復活した感動の物語をご覧ください・・・

カーンとシェイラ 百獣の王ライオン。 このアフリカに生息する猛獣が、ある理由で瀕死の状態に陥りました …

ひとりぼっちだったボブキャットの赤ちゃんが同じ身の上のボブキャットと出会ったことで前を向くようになる…!

1年前のことです。 アメリカのフロリダ州にある野生動物保護施設で、 今にも死にそうな状態で民家の庭に …

PREV : 質問「妻が両親の介護をしません」→ベストアンサー「簡単です」その内容が素晴らしすぎる!
GACKTが明かした『日本人が持っていない答え』に考えさせられる・・・ : NEXT