Lenon


Lenonをフォローしよう!


彷徨っていた子猫に救いの手を差し伸べたのは重度の猫アレルギーを持った女性だった・・・


今回ご紹介するのは、母猫とはぐれ彷徨っていた子猫と1人の女性とのお話です。

ある日のことです。

その女性は愛犬を連れて深夜に散歩をしていました。

そして運命的な出会いをしたのです。

彼女の前には現れたのは1匹の子猫でした。

どうやら母猫とはぐれてしまったようで、弱々しい小さな体で彷徨っていました。

『この小さな子猫を助けなければ…』

そう思う反面、心の中でブレーキがかかりました。

何故なら彼女は愛犬を連れていました。

そして、それよりももっと大きな問題を彼女は抱えていたのです。

さて、この女性が抱える問題とは!?

さらに子猫の運命は?

続きは次のページにてご紹介いたしますので、どうぞご覧ください。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

元気になっても「救ってくれた女性とずっといたい」と里親のもとへ行くことを拒んだ猫の行く末は…?

動物も、きっちりと自分の意志を示します。 嫌な時は、はっきりと態度と表情に示しますよね。 とりわけ自 …

置き手紙によるとこの18歳の老猫は「最善の方法」の下に飼い主に捨てられていた→保護施設のスタッフは必ず里親を見つけると決心する…!

ある日の朝、動物の保護施設である「カーショー郡動物愛護協会」の前に1匹の黒い老猫が現れました。 老猫 …

猫庭プロジェクト!殺処分されるかもしれない猫を救うために素敵な発想を生んだ男性!!

猫庭プロジェクト始動 殺処分の対象になるかもしれない野良猫を1匹でも多く救いたい…。 猫庭プロジェク …

保護してくれたことへの感謝の印として11匹の子犬を1匹ずつ恩人の膝の上に運ぶ母犬の姿に心温まる・・・

11匹の子犬を出産したピットブルが話題になっています。 「グレイス」と名付けられたピットブルには、悲 …

鳥がパトカーの上で巣作り&出産を開始してしまった!その時の警察の人たちの対応がこちら・・・

ナゲキバトと呼ばれるカナダ南部やアメリカ、 メキシコ北部で頻繁に目撃される鳥がアメリカのオハイオ州で …

PREV : 22年前のチケットをディズニーランドで提示した結果→やっぱりディズニーのキャストは素晴らしかった…!
鳩サブレーのパッケージに本気で落書きをした結果、クオリティーが高すぎて肉々しい感じに! : NEXT