Lenon


Lenonをフォローしよう!


後ろ足が動かなくなった子猫!もう一度自力で歩けるようになった姿に心震える・・・


ある日、子猫の『タリーランド』は庭にあった排水管の中で身動きがとれなくなっていました。

助けを求めて鳴いていたところ、すぐに動物管理局のマイケル・スターンさんが気がつき、

現場に駆けつけました。

そして、彼はタリーランドの足に異常があることに気がついたのです。

排水管から慎重にタリーランドを救い出して、急いでワシントンにある保護施設へ!

実はマイケルさんが助けに入った時、タリーランドが身動きが取れなくなった直後ではなかったのです。

次のページにて、当時の詳しい状況よタリーランドのその後をご紹介いたします。

是非ご覧ください!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ドアを器用に開けてしまう猫、飼い主の細工にご立腹!猫語だけど何を言っているかは一目瞭然(笑)

Twitterユーザーのyuiii(@yy221126)さんは白猫のブラン君、黒猫ノワールちゃん、 …

散歩していると、前に会った猫が道の真ん中で座っていた→それだけでも嬉しいけど、さらに笑顔にさせてくれた…!

あの猫は道の真ん中で待っていた 周りは、静かで自然に恵まれた地域のようです。 歩いていると動物たちを …

両親が息子に夕食の手伝いをお願いした→断る息子と同じ質問をワンちゃんにすると…「えっ、今なんて言った!?

おしゃべりなペットといえば、インコなどの鳥類ですよね。 あまり知られていませんが、頭の良いカラスも根 …

住民全員が避難してしまったテキサス州の町に1匹で取り残された犬が賢すぎると話題に!

2017年8月25日、大型のハリケーン「ハービー」がアメリカ南部テキサス州ヒューストンを直撃し、 大 …

赤ん坊に接するピットブルの姿に当初大パニックだった男性は、“闘犬”への意識の変革を願うように・・・

自分の赤ん坊に接するピットブルに男性は大パニック!しかしその経験から、男性は“闘犬”への意識の変革を願うようになった・・・

PREV : 換気扇のフィルターを絶対に濡らしてはいけません!こうすれば汚れは簡単に落とせるのです…!
「医者が居眠りなんてけしからん!」と告発の目的で投稿したはずなのに意外な反応が…! : NEXT