Lenon


Lenonをフォローしよう!


後ろ足が動かなくなった子猫!もう一度自力で歩けるようになった姿に心震える・・・


ある日、子猫の『タリーランド』は庭にあった排水管の中で身動きがとれなくなっていました。

助けを求めて鳴いていたところ、すぐに動物管理局のマイケル・スターンさんが気がつき、

現場に駆けつけました。

そして、彼はタリーランドの足に異常があることに気がついたのです。

排水管から慎重にタリーランドを救い出して、急いでワシントンにある保護施設へ!

実はマイケルさんが助けに入った時、タリーランドが身動きが取れなくなった直後ではなかったのです。

次のページにて、当時の詳しい状況よタリーランドのその後をご紹介いたします。

是非ご覧ください!



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

5年前まではがん病棟に犬なんて必要ないと思っていた…でも実際の医療現場を見て考えが変わった!

現在、子供が病気で亡くなる確率が一番高いのは小児がんです。 この小児がんは大人のがんよりは少ないので …

肌寒い日に、愛犬に毛布を貸してあげた→翌朝庭に行くと胸が熱くなる光景を見た!

毛布と言えば大抵寝る時に、しかも寒い時に使うのが定番と思います。 動物を庭で飼っているご家庭でも寒い …

売れ残っている片目を失った子犬を、同じように片目の見えない男性が救った…!

売れ残った子犬 ジョーダン・トレントさんは、アメリカのテキサス州で暮らしている32歳の男性です。 彼 …

冷たい雨に打たれ、凍って動けなくなった子猫を保護し、20分温め続けた結果…!

その日は冷たい雨が降り続いていました。 ある夫婦が家にいた時のことです。 家の外で子猫が叫んでいるよ …

おもちゃの取り合いでもダラダラ(笑)コーギーたちの平和で緊張感ゼロな戦いがこちら・・・

犬はもともと夜行性でしたが、人間と暮らすようになってその活動は昼間に変わりました。 夜、飼い主さんが …

PREV : 換気扇のフィルターを絶対に濡らしてはいけません!こうすれば汚れは簡単に落とせるのです…!
「医者が居眠りなんてけしからん!」と告発の目的で投稿したはずなのに意外な反応が…! : NEXT