Lenon


Lenonをフォローしよう!


後ろ足が動かなくなった子猫!もう一度自力で歩けるようになった姿に心震える・・・


ある日、子猫の『タリーランド』は庭にあった排水管の中で身動きがとれなくなっていました。

助けを求めて鳴いていたところ、すぐに動物管理局のマイケル・スターンさんが気がつき、

現場に駆けつけました。

そして、彼はタリーランドの足に異常があることに気がついたのです。

排水管から慎重にタリーランドを救い出して、急いでワシントンにある保護施設へ!

実はマイケルさんが助けに入った時、タリーランドが身動きが取れなくなった直後ではなかったのです。

次のページにて、当時の詳しい状況よタリーランドのその後をご紹介いたします。

是非ご覧ください!




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

なんでも壊してしまう子犬にぬいぐるみをあげたら1年後にどうなる?

がっしりとした体格、筋肉質で隙のない体。 オオカミに似ているこのアラスカンマラミュートは、外見とは異 …

お腹の中に新しい命を宿していながら自力で食事をとれない猫の運命は・・・?

自力で食事できないソフィア この子の名前はソフィアとい言い、保護施設にやってきた妊娠中の猫です。 上 …

犯罪者の車から保護された子犬は薬漬けにされていた!死の淵から立ち直り、幸せをつかむまでの軌跡に涙が止まらない・・・

犬は飼い主がいても幸せとは限りません。 もしその飼い主が麻薬を扱う犯罪者だったら、 その麻薬を犬に与 …

「おじいちゃん、ずっと大好き…」天国へと旅立った飼い主の墓に寄り添うワンちゃんの姿に涙が止まらない・・・

「人間の最も良い親友」とも言われているワンちゃん。 今回ご紹介するエピソードは、その言葉を裏付けるか …

車に轢かれて血だらけの馬に警察官が行ったことが世界中で共感を呼びました・・・

日本ではあまり馴染みのない、警察の騎馬隊。 アメリカでは馬にまたがり、パトロールなんて光景もあまり珍 …

PREV : 換気扇のフィルターを絶対に濡らしてはいけません!こうすれば汚れは簡単に落とせるのです…!
「医者が居眠りなんてけしからん!」と告発の目的で投稿したはずなのに意外な反応が…! : NEXT