Lenon


Lenonをフォローしよう!


ありえないような人為的ミスが原因で異様な姿をしたヤギが保護された!


この子ヤギは「ローソン」という名前です。

異様な頭をしていますが、この子はその他に先天性の障害を持って生まれてきました。

飼い主さんはあらゆる努力をしてローソンを助けようとしましたが、

心無い人間によってこのような姿になってしまったのです。

結局、ローソンはGoats of Anarchyというヤギを保護する団体にいったん預けられることになりますが、

この団体の創設者であるリアーン・ローリセラさんは赤ちゃんヤギのローソンを見て、

衝撃を隠せなかったそうです。

一体、ローソンに何があったのでしょう…。

それでは、異様な姿になってしまった話題の子ヤギをご紹介します。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!

今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、 歩くことができなくな …

その目力にハートを撃ち抜かれちゃう…多くの女性を夢中にさせるイケメンすぎるハスキー犬!

イギリスに、イケメン過ぎて世界中の注目を集めまくっているシベリアンハスキーがいます。 その名も「アヌ …

動物病院へ去勢手術を終えた猫を迎えに行き、顔を見せると・・・(笑)

猫は無表情と言われていますが、そのかわり飼い主さんには違う方法で意思表示をします。 猫を飼った経験の …

フクロウと犬!いつも一緒にいる1匹と1羽を収めたストーリー性あふれる幻想的なショットが感動的・・・

共存 最近は違う種族の動物同士が仲良くしている写真が多いですよね。 インコと猫のショットなどは、獲物 …

ガンで寝たきりになった愛犬→台車を使って毎日散歩へ連れ出した時、奇跡が起きた…!

今から8年前、アメリカのフロリダ州にお住いのジョーイ・マクウェルさんが施設である犬と出会いました。 …

PREV : 「恋人と親友が溺れかけていたらどちらを助ける?」究極の選択に対するベストアンサーがセンスに溢れている!
上野動物園の感動秘話!育児放棄された子供のトラを育てたのは我が子を無くした野良犬だった・・・ : NEXT