Lenon


Lenonをフォローしよう!


小さい頃に保護施設で助けられた恩を忘れなかった猫!施設で看護猫として病気の動物達を癒し、恩を返す姿に感動・・・


今回ご紹介するのは、助けられた恩を返す「スティッチ」と名付けられた猫のお話です。

スティッチは、オーストラリアはビクトリア州のある工場で動物保護施設

『エドガーズ・ミッション』のスタッフによって兄弟猫と一緒に保護されました。

その後、施設のスタッフの努力によって離れ離れになっていた母猫とも再会を果たすことができました。

ところが、子猫の中でスティッチだけ目の病気があり、治療を必要としていました。

現在も、スティッチは保護施設で生活しながら治療を続けています。

施設のスタッフによるとスティッチはとても優しい性格で、

施設に保護された衰弱している動物を見つけると寄り添って看病を続けるそうです。

スティッチがどれ程優しいかについては、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

母親は飼い犬に噛まれてショックだった!しかしそれによって身に迫る危険を知ることができた・・・

パッチ カナダに住むデイビス家には、近所の家族から譲り受けた犬「パッチ」がいます。 パッチは家族の一 …

心優しい家族と一緒に暮らす31歳の老猫は、人間でいえば140歳!

イアン・フィンレイさんとリズさん夫婦の家に、31歳のオス猫『ナツメグ』が暮らしています。 出会いは今 …

厳しい暑さの歩道で数センチたりとも動かず、生きることを諦めた子猫の運命は?

厳しい暑さの中、日差しを避けようとせず、まるで生きることを諦めたかのように歩道で数センチたりとも動かない子猫の運命は!?

パソコンに頭を乗せて眠るワンちゃん→飼い主を想う健気すぎる行動の理由とは・・・?

1匹のワンちゃんが、ノートパソコンのキーボードにアゴを深くのせて静かに眠っています。 一見ノートパソ …

帰らない飼い主を待ち続けた犬がSNSや近隣住民の力によって救われ、心を開くまでの軌跡に涙…!

飼い主を待つジョーイ フロリダ州マイアミの住宅街で、来る日も来る日も飼い主さんが戻ってくるのを待ち続 …

PREV : 母から娘への手紙→「人は必ず老いる」とはどういう事か生涯をもって教えてくれた内容に胸が熱くなる…!
誰が見ても別れるわけがないと確信できるカップルのLINEが凄まじい!あなたは真似できる? : NEXT