Lenon


Lenonをフォローしよう!


小さい頃に保護施設で助けられた恩を忘れなかった猫!施設で看護猫として病気の動物達を癒し、恩を返す姿に感動・・・


今回ご紹介するのは、助けられた恩を返す「スティッチ」と名付けられた猫のお話です。

スティッチは、オーストラリアはビクトリア州のある工場で動物保護施設

『エドガーズ・ミッション』のスタッフによって兄弟猫と一緒に保護されました。

その後、施設のスタッフの努力によって離れ離れになっていた母猫とも再会を果たすことができました。

ところが、子猫の中でスティッチだけ目の病気があり、治療を必要としていました。

現在も、スティッチは保護施設で生活しながら治療を続けています。

施設のスタッフによるとスティッチはとても優しい性格で、

施設に保護された衰弱している動物を見つけると寄り添って看病を続けるそうです。

スティッチがどれ程優しいかについては、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

私たちの大学で自由に振る舞いすぎな猫様のお姿を見て欲しいのです・・・(笑)

自由で気ままに生きている猫を見ていると、とても羨ましい気持ちになりますね。 しかし、彼らにも『縄張り …

「母猫にも目を向けて欲しい」ある動物保護施設からの切実な訴えに耳を傾けて!

ミモザちゃん 猫の保護施設「Cat Adoption and Rescue Efforts」は、アメ …

助けられたのに悲しそうな目をしていた頭が曲がってしまっている犬!その理由とは…?

頭が片側に曲がってしまっていた犬は無事に救出されたものの、なぜか悲しそうな目をしていた…!果たしてその理由とは?

「もう知らニャい!」愛猫に内緒で外泊→帰ってきたら激おこぷんぷん!

甘えん坊ですり寄ってくるくせに、こちらから近づくと 「今そんな気分じゃないの」と言わんばかりにスルリ …

我が家の愛犬は大型犬!しかし間違えて小型犬ベッドを購入してしまった→愛犬がものすごく気を遣っている感じをご覧ください(笑)

愛犬家は愛犬のために洋服やベッド、犬用のスイーツなど様々なものを愛犬に買ってきます。 愛犬が喜んでい …

PREV : 母から娘への手紙→「人は必ず老いる」とはどういう事か生涯をもって教えてくれた内容に胸が熱くなる…!
誰が見ても別れるわけがないと確信できるカップルのLINEが凄まじい!あなたは真似できる? : NEXT