Lenon


Lenonをフォローしよう!


猫がサーフィン!?片目を失った猫が見つけた生きがいに心揺さぶられる・・・


青い空、透き通った海。

南国ハワイのホノルルで暮らしているこの子は「クリ」という猫です。

ご覧の通り、片目がありません。

クリは生まれてすぐに路上で発見されました。

保護された時、クリはかなり衰弱した状態で左目は感染症を起こしていたのです。

治療は受けましたがすでに手遅れで、手術によって左目の眼球は摘出されてしまいました。

しかし、クリは優しい飼い主さんのもとで第2の生活を送ります。

それは海との出会い、そして「サーフィン」です。

それでは、クリがサーフィンをしているカッコイイ姿を次のページからご紹介します。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

17年間一緒に暮らした最愛の友がこの世を去った時、涙を流した目が全く見えない象・・・

2頭の象 タイにある自然動物公園で、 年老いた象の「マエ・パーム」と目が見えない象の「ジョキア」が互 …

腫瘍で先の長くない犬を飛行機に乗せ、最期に暮らす家へと向かって行く・・・

腫瘍を抱え、もう先が長くないとされた犬!それを知ったレスキューの男性は自家用の飛行機に犬を乗せて最期の家へと連れて行く・・・

捨て猫を保護→しかし「また捨てられる!」と勘違いしてしまっていたようで・・・

ある野良猫は、飼い主の勝手な事情により捨てられてしまって野良猫になりました。 しかし元々が飼い猫だっ …

豪雨の翌日にずぶ濡れで衰弱しきっていた生後わずか1日の子猫を保護して看病し続けた結果…!

大雨が降った翌日に、ずぶ濡れの状態だった生後わずか1日の子猫を保護!衰弱し切っている中、懸命に看病し続けた結果・・・

かわいらしく楽しそうな決定的瞬間の真実!イルカが実はかなりブラックだった・・・

時として見た目と異なる真実を知り、衝撃を受けることがあります。 今回ご紹介する画像も、真実は驚くべき …

PREV : 素晴らしい才能に脱帽!小学1年生が暴走族に宛てた詩が極限までに煽っていると話題に(笑)
今までの価値観が変わる、白血病によって23歳の若さでこの世を去った青年の言葉にハッとさせられる…! : NEXT