コメディアンが作った里親募集のために作ったユニークな張り紙の発想力に脱帽! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


コメディアンが作った里親募集のために作ったユニークな張り紙の発想力に脱帽!


猫の紹介文

ジェフさんの作ったユニークな猫の紹介文を具体的に見て、

実際にどういうポイントが独創的なのかを探ってみましょう。

レッチェ

名前はレッチェです。

好きなことは、社交的であることです。

嫌いなことは、貧富間の所得格差の拡大が中産階級の没落を招いていることです。

猫の紹介文とは思えないコメントですが、ジェフさんの狙いは人の意表を突くことにあるようです。

人の意表を突くことで、

シェルターで保護されている猫がいることを人々に印象づけることができる、とジェフさんは考えています。

ゼタ

名前はゼタです。

お腹をさすられることが大好きです。

嫌いなのは、幽霊が出る墓地です。

もし、あなたが墓地近くに住んでいるのであれば他の猫を選んでください。

墓地に関するコメントは興味深いですね。

印象深い紹介文で、一度読んだだけでゼタのことを覚えられます。

これが、ジェフさんのユニークな紹介文の狙いですね。

ローラ

名前はローラで、太陽の光の下で眠ることが大好きです。

日本の15世紀の戦国時代が大嫌いなので、その時代に連れて行かないでください。

でも、16世紀であれば問題ありません。

日本の15世紀戦国時代がなぜ言及されているのかは分かりませんが、

この紹介文も最後まで読みたくなります。

その時点で、ジェフさんの目的は達成されたことになります。

狙い

ジェフさんのユニークな猫の紹介文を読めば、ジェフさんの目的がよく分かります。

普通の猫の里親募集の広告分よりもジェフさんの紹介文は印象深いので、

読んだ後もどの猫のことだったのかということがしっかりと記憶されます。

実際にジェフさんの紹介文を読む人が増えていて、数匹の猫が里親さんに引き取られました。

ごく普通の里親募集の広告文では印象が薄いということで、

1匹でも多くの動物を救うためにジェフさんのような独創的な文章が必要とされています。

このような工夫が、さらなる成果を上げることを願います。

出典:Facebook

【関連記事】

14歳で健康上の問題を抱えながら家を失ってしまった老猫!保護施設に訪れた女性へ一直線に近づいた結果・・・

保護された子猫たちを心配して自ら捕獲器に入った野良猫の愛!保護施設で再会した結果・・・

猫が行方不明のまま数ヶ月経った男性→心の穴を埋める存在を保護施設で探した結果…!

この犬と牛はともに飼い主に見捨てられた過去を持つ→保護施設で出会うと深い絆で結ばれた親友に…!

年老いていたことから里親と出会えなかった猫→保護施設に迎えられたことで幸せを手にする…!



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

この保護猫の状態に医者は完全に諦めていた→でも1人の女性は絶対に諦めず、奇跡を引き起こす!

野良猫のジョン・スノーが、病気や飢えによりボロボロになった状態で見つかりました。 6月下旬、路地裏で …

瀕死の子犬は母親に足を食べられてしまっていた→この子の命を優しい動物が救ってくれた!

大変残念なことですが、犬の社会でも母犬が自分の子供をストレスから傷つけてしまうことがあり、 場合によ …

飼い主が亡くなった事を知らず、8か月も病院の前で待ち続ける犬は里親の元に連れて行かれても・・・

いつも傍にいた世界で一番大切な人が、突然目の前から姿を消しました。 それはどういう意味なのか、理解で …

保護5日目にみせたかわいさ→子猫の兄弟がピタッとくっついて眠る姿にメロメロ不可避!

猫。 それは寝ていても起きていても、なにをしていてもかわいく癒される存在です。 それが子猫ともなれば …

人間を警戒していたけど本当はずっと寂しかった…たっぷり甘えてくれた野良犬の姿に涙が止まらない・・・

ペット大国のアメリカ。 幸せに暮らすペットがいる一方で多くの野良犬が殺処分されます。 そのような不幸 …

PREV : アジャコングに抱っこしてもらった少年が20年後にプロレスラーになってもう一度・・・
「死ぬ気になればなんでもできる」にちょっと待った!あるお寺の格言が一石を投じる・・・ : NEXT