Lenon


Lenonをフォローしよう!


コメディアンが作った里親募集のために作ったユニークな張り紙の発想力に脱帽!


犬や猫の里親探しは難しい作業です。

とりわけ、年老いた動物達の里親探しは非常に難しいと聞きます。

彼らにこそ、温かい家族を見つけてあげたいですね。

最近ではネットを利用し、犬・猫の写真を公開しての里親を探すなどした工夫が凝らされています。

アメリカでの少し変わった里親募集を目的とする猫の紹介文が話題になっています。

アメリカはロサンゼルスに住むコメディアン、

ジェフ・ウィザスキーさんはシェルターで保護されている猫達を救うためにユニークな猫の紹介文を作り、

里親探しを始めました。

ジェフさんが作ったユニークな猫の紹介文については、次のページで詳しくご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

裏庭にホットドッグ→不審に思って調べてみると中に恐ろしく鋭利な”アレ”が隠されていた…!

犬の散歩の時、落ちている食べ物をワンちゃんが食べようとして止める、なんてことありませんか? 躾の行き …

「にゃんだこれは!」とこねこが初めて見つけたのは自分のシッポ→大興奮なリアクションが超かわいい!

動物特有の可愛い仕草や動きってたくさんありますよね。 中には「なんでそんなことに!」なんて驚いてしま …

飼い主のエゴで捨てられた2匹の仲良しワンちゃんたちの、たった1つの願いに耳を傾けてください…!

「引っ越すから」 「赤ちゃんが生まれるから」 そんな人間の勝手な都合で、捨てられてしまうワンちゃんた …

母親をなくした6匹の子猫を温かく迎えてくれたのは、耳の長いお父さんでした・・・

リズさんの家には、6匹の子猫が暮らしています。 4匹は1週間前に母猫を亡くした子猫たち、2匹は3週間 …

寂しい保護犬のためとある部活の朝練に参加してもらい、高校生と走りまくる!

アメリカのコネカット州にあるハイスクール。 毎日走っているクロスカントリー部の学生たちは、保護施設に …

PREV : アジャコングに抱っこしてもらった少年が20年後にプロレスラーになってもう一度・・・
「死ぬ気になればなんでもできる」にちょっと待った!あるお寺の格言が一石を投じる・・・ : NEXT