Lenon


Lenonをフォローしよう!


コメディアンが作った里親募集のために作ったユニークな張り紙の発想力に脱帽!


犬や猫の里親探しは難しい作業です。

とりわけ、年老いた動物達の里親探しは非常に難しいと聞きます。

彼らにこそ、温かい家族を見つけてあげたいですね。

最近ではネットを利用し、犬・猫の写真を公開しての里親を探すなどした工夫が凝らされています。

アメリカでの少し変わった里親募集を目的とする猫の紹介文が話題になっています。

アメリカはロサンゼルスに住むコメディアン、

ジェフ・ウィザスキーさんはシェルターで保護されている猫達を救うためにユニークな猫の紹介文を作り、

里親探しを始めました。

ジェフさんが作ったユニークな猫の紹介文については、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主が愛犬に郵便配達員が何をしているのか隠し撮り→結果はみんな笑顔になった!

ニュージーランドに住むマイケル・コリンズさんは、配達がないのにも関わらず毎日来る郵便配達員をこっそり …

タイの「象乗り」に隠された衝撃事実と、働かされた2頭の象の絆に考えさせられる・・・

「象乗り」とは? みなさんは「象乗り」をご存知ですか? タイと言えば、寺院や遺跡が定番ですよね。 し …

犬や猫が壁に頭をつけるようになったらすぐに病院へ連れて行きましょう!

最近はインターネットやテレビなどで、動物の面白い動画がたくさん溢れています。 スマホで簡単に動画が撮 …

猫庭プロジェクト!殺処分されるかもしれない猫を救うために素敵な発想を生んだ男性!!

猫庭プロジェクト始動 殺処分の対象になるかもしれない野良猫を1匹でも多く救いたい…。 猫庭プロジェク …

「さよならお母さん…ボクはお利口じゃなかったの?」保健所で犬が年間31万匹も殺処分される理由と最期の想いとは?

年間31万匹 保健所で殺処分されている動物の数は、年間31万匹にものぼります。 これは1日に約800 …

PREV : アジャコングに抱っこしてもらった少年が20年後にプロレスラーになってもう一度・・・
「死ぬ気になればなんでもできる」にちょっと待った!あるお寺の格言が一石を投じる・・・ : NEXT